2018年1月16日 (火)

サルセルリクエスト

寒い日が続いてますね。栄養たっぷりとって、元気に過ごしていきましょう。

Imageジビエのリクエストも良くいただいております。写真は「岐阜県産網採りサルセル(仔鴨)のロースト」です。一昨年末から昨年、召し上がっていただいたお客様からのリクエストが多いので、再び、ご案内させていただきます。臭みも強すぎず、旨味が凝縮された感じで、美味しいジビエ。非常にお奨めです!数に限りがありますが、まだ、ご予約承れます。グルマンコースにて、2名様でのご注文となります。ご予約の際、サルセル御希望とお伝えください。

Franceにて~Bras⑦~

Dsc06307続いて、グラス(アイスクリーム)のサーヴィスです。数種類の魅力的なお味の中から、好きなだけ!!!

Dsc06308Dsc06310お腹がいっぱいの癖にグラスは別腹???二人でいろいろ頼んじゃいました。ヴァニーユのグラスにショコラかけは二人とも。あとは、季節のレーヌクロード生姜風味のソルベ、苺のソルベにハーブのソースをかけたもの、ヌガティーヌのグラスなど・・・もう、満腹通り越してます(笑)

Imageせっかくなので、caféもいただこうと、別のサロンに。

caféには、小さなガラスの器の中にクレームとカフェ、クレームとアブリコが添えられていて、このクレーム自体をかき混ぜてカフェと共にいただくと妙に美味しいのです。積み上げられたまん丸のお砂糖も可愛い!Image_3Image_2丸いお皿の中のツブツブはフランボワーズ風味のお菓子。そして、横の円錐上に形作られた砂糖、この中に洋梨のオード・ヴィ―が入っており、かなり、私好み!(たんなる、酒飲み( ;∀;))

これにて、Brasのディネの終了です。満足~満足~★★★

Dsc06320部屋に戻ると、ベットの上にカモミールのお花と蜂蜜の飴が置いてありました。Merci(^^♪

2018年1月 9日 (火)

幸せ時間

Image2018年、平成も30年かと思うと、平成になったばかりの若かりし頃、懐かしく思い出されると共に、時の流れの速さを恐ろしく感じる今日この頃でございます。

クリスマスから年末年始にかけ、多数のお客様がご来店いただきました。誠に有難うございます。大切なご家族のお集まりをラニオンで過ごしていただけた事、心から嬉しく思います。

シェフ共々、普段の3倍以上の仕事量なんじゃないかと倒れそうになりながら、働いておりましたが、連日、大好きなお客様ばかりのご来店に、疲れも忘れてしまい、笑い飛ばしてしまう位、楽しくお仕事をさせていただきました。

お店を始めて13年目に入りました。まだ、学生さんだったお客様が、ご結婚されたり、出産されたり、時を感じます。そして、その度に報告に来ていただいたり、ご両親との初対面の場所にラニオンを選んでいただいたり、嬉しい事だと幸せに思っております。

色んな事を話してくださったり、報告にお越しくださるお客様が多いので、お客様の歴史や楽しい出来事等、うかがう度にウキウキ、ワクワク!なんて、素敵な事なんだろうと心から嬉しく思っております。

これからも、美味しく楽しい空間のレストランでいられること目標に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

年末年始のドタバタとはうって変わり、1月連休明けから、落ち着いた店内になります。ゆったりラニオンがお好きなお客様、是非、ご来店ください。

Franceにて~Bras⑦~

Dsc06296Brasのディネも終盤に入ってきました。

Dsc06297シャリヨ フロマージュです。どれにするか、迷うー!!!

Dsc06298シェフはこちら。シェーヴル&ブルー。

Dsc06299私はこちら。ハード&セミハード!今回の旅で非常に気に入ったブルビ、昔から大好きなサンネクテール・フェルミエ、ラギオール36か月!最高!添えられたノワゼットのキャラメリゼが良い感じです。

Dsc06300そして、このアブリコ&ノワゼットのパンがフロマージュに良く合うのです。

続いて、デセー。

Les premières cerises de Yannick parfumées au thé des moines fine nougatine de pâte sablée cacaotée, crème mascarpone et thé impérial glacé

Dsc06305生地はカカオ風味の飴に近い薄いヌガティーヌ。この間にマスカルポーネ風味のクリームが挟んであり、驚くほど美味しい肉厚のサクランボのコンポートがゴロゴロと。手前はさくらんぼのソース、奥には紅茶風味の爽やかなアイスクリーム。

とーっても美味しいデセーなのです。でも、願わくば、日本に持ち帰り、ゆったりとお茶の時間にいただきたいですね。このボリューム満点のディネの後には、なかなか、きつかったです。美味しいので、がんばって、2/3はいただきましたが、完食は無理でした。

Dsc06304オレンジ゙風味のチュイルです。

このあと、まだ、続くんです!!!(笑)

2018年1月 2日 (火)

新年

Image明けましておめでとうございます。

昨年も、ご支援ご愛顧賜りまして、誠に有難うございました。

今年もご来店いただいた皆様に幸せな気持ちになっていただけるよう、シェフ共々、頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。

新年は1月2日~4日営業しております。1月4日(木)は、比較的空いています。

是非、ご来店ください。

5日(金)休み

6日(土)夜~通常営業致します。

Image_2新しくアレンジも作ってみました。テーブルに飾っておりまーす。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Franceにて~Bras⑥~

メインディッシュです。

La pièce de chevreau du plateau marquée à la grillade, confit d'échalote baigné d'un jus court; rob de tomate et premières Steak de Port d'Agrès

Dsc06293Dsc06292 Port d'Agrèsの仔山羊のステーキです。抜群の火入れでした。少し癖のある山羊ですが、このジュストの火入れが美味しさを前面に引き出していました。お野菜がたっぷりと添えられ、それがまた、美味しいのです。つるりとした食感のとびきり美味しい空豆や、トマトのソテー、エシャロットのコンフィ、トマトペースト、ホウレン草など、仔山羊をさらに美味しくしてくれる野菜達でした。左上には、オレンジとカルダモンの甘めのパウダー。こちらを時々つけながらいただくと、また、違うお味になり、楽しいのです。さすがに、お肉はボリューム満点すぎで、完食は無理でしたが・・・。

Dsc06294ただ、このタイミングで、こちらがサーヴされました。Aligot(アリゴ)です。この地方の名物ですね!ジャガイモをベースにたっぷりのフロマージュ ラギオールが入っています。これだけでも、食べに行きたい位の美味しさで、お腹が八切れそうでしたが、あまりのおいしさに、これは、無理してもいただきました。

この後に、シャリヨ フロマージュ、続いてデセーが待っていますよーー。良く食べる日本人です!

2017年12月27日 (水)

今年最後

今年も残すところ僅かとなりました。今年も最高のお客様に恵まれた一年で、楽しくお仕事させていただくことができました。この場を借りて、シェフ共々、心よりお礼申し上げます。

そして、このブログも今年は今日が最後となります。今年もお付き合い有難うございました。(クリスマスの関係で、一日アップが遅れました。)

このブログをきっかけにお越しいただくお客様も多いのですが、ブログを続けてきて、よかったーと思えることがクリスマス期間にありました。大阪からご家族とお越しいただいたマダム。小学生と中学生のお子様が素晴らしいお行儀の良さで、お子様がご一緒という事さえ忘れてしまう位でした。お店を知っていただいたきっかけが、このブログ。以前、ドイツにお住まいで、フランスの地方にご旅行をされる際、調べておられたところ、私のブログにヒットしたということで、それから、見続けてくださり、「ずっと、お店に来たくて、やっと今回、クリスマスに家族で来ることができました!!」とおっしゃってくださいました。とても素敵なご家族で、お越しいただけたこと、本当に嬉しく思いました。

そんな風に私の拙いブログも楽しみにしてくださっている方がいてくださると思うと、これからもがんばろうと思います!どうぞ、皆様、今後ともよろしくお願い致します。

また、今年もクリスマスディナーも無事終わりました。毎年、皆様の反応がシェフ共々、とっても心配でドキドキしながらクリスマスディナー初日を迎えますが、皆様の笑顔や嬉しすぎるコメントが、今年も私達に元気をくださいました。本当に素敵な素敵なお客様に恵まれて幸せだと改めて感じさせていただけた楽しいクリスマスとなりました。本当に有難うございました。 そして、多数のお問合せいただきまして、有難うございました。残念ながら、特に、23日、24日は、お断りさせていただいたお客様も多く、申し訳ございませんでした。是非、また、来年よろしくお願い致します。内容はこんな感じでした!

Image Image_2 Image_3 Image_2Image_3  Image_6  Image_8

なお、年末年始の空席状況ですが、12月28日(木)夜と1月4日(木)昼、夜はお席に余裕ございます。その他日程もまだ、少し、ご用意できますので、是非、お問い合わせください。よろしくお願い致します。

Franceにて~Bras⑤~

Image_3

Cultivée par les Roualdès

L'aubergine étuvée à l'huile de togette d'ici orge perlé cuit au court bouillon de tanaisie, recuècha de brebis et les basilics du moment

3品目のお料理。

身体に優しいお料理。エチュヴェした茄子をグリエにし、ブイヨンに大麦、ブルビ(フロマージュ)が添えられ、バジル風味の一皿。日本ではなかなか、出会ったことのない不思議な味わいでした。

Image_4夕日が沈んでいき、とても美しい景色を見ながらのお食事は最高ですね。

それでは、皆様、良いお年を!!!来年もよろしくお願い致します。

2017年12月18日 (月)

21日(木)~クリスマスディナーが始まります!

Image今年も残り僅かです。私達にとって、年末の大イベント、クリスマスディナーが21日(木)~始まります。クリスマスディナーは毎年お越しいただくお客様、そして、普段から何十回と数えきれないほどお越しいただいているお客様も多くて、有難いなあと思います。

もちろん、初めてのラニオンのクリスマスディナーと言う方もいらっしゃいますので、「美味しかった!楽しかった!又、来たい!」と思っていただけるのが私達の目標です。皆様、とても楽しみにしてくださっているので、シェフも私も、このイベントには毎回、力が入り、緊張感とウキウキ感でいっぱいになります。

明日、明後日(19日(火)、20日(水))は、準備の為、お休みをいただきまして、21日(木)ディナー~いよいよ、開始です!お席ですが、21日(木)、26日(火)のみ、僅かですが空席ございます。変更や急なキャンセルなどがでる場合もございますので、ご希望の方は、お電話でお問い合わせください。

さあ、今年のクリスマスも心新たにがんばりますので、楽しみにお越しください!

Franceにて~Bras④~

ゆったりしたディネを過ごしましたので、ゆっくりご紹介しています。私達にとって、いろんな意味で、なかなか、行けない場所ですから(^_-)-☆。

2品目

Ombre & Lumière

La queue de lotte pochée /poêlée à l'huile d'olive noire, jeunes fenouils pochés au safran,ran-ram ciselé

Imageアンコウの尾をポッシェし、黒オリーヴオイルでポワレしたお料理です。若いフヌイユをサフランで色付けしたものが綺麗に添えられています。キュッと、ホロリと崩れる食感が独特でした。優しいお味という印象です。

Dsc06286このお料理をいただいているとき、ブラインドが全開になりました。美しい日の入り!綺麗の一言。歓声があがりました。窓際の素敵な席でしたので、この瞬間を堪能できたこと、非常に、幸せでした。

サーヴィス陣といい、お客様を楽しませるというお店の姿勢が全面に表れていましたね。Super!!!

2017年12月12日 (火)

忘年会&ジビエ

12月も半ば。早いですね。今月は、団体様や貸し切りの日も多くなっています。

Image_2昨夜は、毎年恒例H鮓さんのジビエとワインの会。今年のジビエは岐阜県産網採りサルセル(仔鴨)。ImageImage_2そして、今回も錚々たるワインが並びました。古酒で貴重なワインばかりというのもあり、ソムリエはH鮓さんの大将がしてくださってます。ですので、この日に限り、2人体制のサーヴィスで。H鮓さんとは、オープンして間もない時期からのお付き合いで、私達も、毎回、勉強させていただき、嬉しい事だなと思っています。

クリスマスディナーの空席状況ですが、今の所、26日(火)のお席は余裕があります。その他の日程は、満席、もしくは、空席僅かとなります。変更やキャンセルなど出る場合もございますので、ご希望の方は、是非、お問い合わせしてください!当店のクリスマスディナーは、本当にお薦め、お値打ちなんですよ!!!

Franceにて~Bras③~

最初の前菜。Dsc06282Dsc06283

De l'Aveyron et du Ségalat

La longe de veau vosée relevée d'une vinaigrette au jus de viende, blé dur au lait caillé,cèbe de Lézignan et citron au sel

忘れられない一皿の一つです。飛び切り美味しい仔牛の腰肉のローストビーフと言う感じでしょうか。しっとりと火の入ったお肉は柔らかく、かみしめるほど味があります。フレッシュなフロマージュ味の麦の付け合わせもプチプチと楽しい食感。数種の自家ハーブがアクセントになり、スパイスの効いたドレッシングと塩レモンの酸味が絶妙で、ブルゴーニュの赤にぴったり。たまらぬ前菜でした。

しばらくたってからも、BRASで食べた前菜の仔牛、美味しかったよね・・・という話になるくらい、心に残っています。

2017年12月 5日 (火)

Menu de Noël 2017 内容決定しました!

大変長らくお待たせいたしました。

Menu de Noël 2017 内容決定しました!内容発表前から、ご予約いただいたお客様、有難うございます。

楽しみにお越しいただくお客様に喜んでいただけるよう、今年もシェフが試作を何度も繰り返し、気持ちを込めて内容を考えました。今回も、フランスを感じていただける美味しい「Menu de Noël」となっていますので、是非、皆様、ご来店くださいませ!

クリスマス限定ディナーは12月21日(木)~26日(火)という長い期間ですので、お席に余裕のある日も、まだございます!(26日(火)は、余裕あります!)他の日程は満席又は空席僅かとなります。

御予約、お問い合わせお待ちしております!

<クリスマス限定ディナーメニュー ¥7,500 税・サ別>

 期間:12月21日(木)~26日(火)


・お楽しみの一皿


・魚介類のファルシ レギューム・ディヴェール 


・鹿のテリーヌ クラシック


・シェフがマルシェで見つけた厳選素材のお魚料理


・黒毛和牛頬肉・テール・舌のブレゼ 赤ワイン風味


・ベレレーヌ(洋梨のパフェ)  ペリゴール産クルミのコンポジション 


・小菓子盛り合わせ


・食後のお飲物(コーヒー、紅茶、エスプレッソなど・・)


・自家製パン

今年も美味しく、楽しい幸せなクリスマスディナーになるよう、シェフ共々、頑張ります!よろしくお願いいたします!

Franceにて~Bras②~

サロンから席に案内してくださる前に、マダムが、厨房を案内してくださいました。特にお願いしたわけでもなく、私達の職業も明かしてませんが、日本にもお店がありますし、とても、親日な気がしました。厨房に一人、日本人の研修生の方がおられました。シェフもでてきてくださって、お忙しい中、お邪魔して、申し訳ないなあと言う気持ちでしたが、嬉しい経験をさせていただきました。雰囲気的に厨房の写真を撮る気持ちにはなりませんでしたので、残念ながら、その写真はありません。

席に着く前にシェフやマダムと一緒に写真を撮っていただければ良かったなあ・・・と、後で、少し、後悔。

Dsc06270窓際の最高に気持ちの良い席に通していただきました。

Dsc06271Dsc06280Laguioleの使いやすいナイフはこんな形でセットされていきます。Dsc06273バターナイフも素敵。

Dsc06274大きな丸いパンをそれぞれのテーブルに一つ持ってきてくださるのですが、それぞれの席の名前を書いてくださっているのです。その写真を撮るタイミングを逃し、カットしてサーヴされてからの写真です。なんだか、嬉しいサーヴィスでした。

Dsc06278お花もお庭のお花がセンス良く自然に飾られていて、とても素敵でした。ワインはブルゴーニュの赤を選んでいます。

Dsc06279アミューズがもう一つ。これが、とてつもなく美味でした。お皿の上にはカレー風味のサクサクの生地に濃厚なニンジンのムースが3か所のっています。飾りの赤はお花です。中には野菜のブイヨンです。Imageこのブイヨン、野菜の味が凝縮されていて、驚くほど美味しいのです。BRASの真髄を感じた気がしました。

今回は、この地方の名前の付いたMENU AUBRACに食べたいお料理が詰まっていたので、そちらを選ぶことにしました。

2017年11月28日 (火)

紅葉

先週末は紅葉真っ盛り!京都には観光客の方があふれてましたね。当店にも多くのお客様がお越しいただき、有難うございました。

写真はご近所の法然院、真如堂、金戒光明寺周辺。Image Image_2 Image_3 Image_4 Image_5ちらっと行ってきました。とーーーっても綺麗でしたよ。

そろそろ、紅葉も終わりに近づいてますが、もう少し楽しめるのではないでしょうか。

クリスマス、年末年始のご予約もぞくぞくといただき、有難うございます。この時期、込み合う日は早い段階から埋まってきますので、ご予定決まられましたら、お早めにお問合せ、御予約をお願いいたします。年末年始は、ご予約の際、コースのご連絡もいただきますようお願い致します。皆様のご来店を心よりお待ちしております。

クリスマスディナーの内容ですが、もう少し詰めたいところがありまして、少し遅れております。来週のブログで発表しますので、しばし、お待ちくださいませ!

Franceにて~Bras①~

Brasのディネが始まります。

まずは、サロンで、アペリティフとアミューズブーシュをいただきながらメニューを選びます。気持ちの良い空間。サーヴィス陣もキビキビとさすがです。

Image_2クープ・ドゥ・シャンパーニュはLouis roederer 1er cru magunum。美味しい。至福。

Image_3Dsc062663種類のアミューズ。

Image_5Image_6Image_7卵のクレームと2種のサレ系のスティック。ハーブ、胡麻、セレアルのスティック、マスタードと蜂蜜風味のスティックなど、、、。泡が進みます(^^♪

ワクワクする時間です。この時間が1番気持ちが盛り上がります。デセーあたりになってくると、美味しかったという満足な反面、もう、終わってしまう―という悲しさも。。。。

とにかく、満喫ディネの始まりです。

2017年11月21日 (火)

クリスマス気分

Image_2ImageImage_3Image_3ImageImage_411月も半ばが過ぎると、クリスマスモードになってきます。ラニオンの店内も少しずつクリスマスらしくなってきました。

Imageそして、今年のクリスマスのテーブルアレンジは自分で作ってみました。いつもお願いしているお花屋さんが、あまりにお忙しそうなので、じゃあ、自分でやってみよか!という事に。習ったこともないし、思いっきり自己流素人感覚ですが、飛騨高山の家具屋さんで見つけたヒノキの木のお蔭で、なかなか、楽しくできました。ブッシュ・ド・ノエル風のテーブルアレンジです!

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Franceにて~la promenade~

オーベルジュに到着後、すぐにする事は、周辺探索と荷物整理。運転はずっとシェフがしてくれるので、私は荷物と写真担当。チェックイン後、少し休憩し、私一人で車へ。周辺の写真を撮りに行きがてら、車のトランクから1泊分の荷物を取り出し、ついでに、スーツケースの整理をし、部屋に戻るというのが、地方旅行中の日課になります。ほぼ、1泊ずつの移動になりますので、大きなスーツケースはトランクの中に置いておきます。日本への持ち帰りの重い荷物や割れ物なども、その都度、パッキングして準備しておけば、後が楽!

入り口から、写真を撮り始めましょう。Image_7ImageImage_4ワクワクするこの看板!やっと、来れた!嬉しいーーー!と気持ちが上がる瞬間。中に入ると駐車場スペースがあります。

ImageImage駐車場の周りは見渡す限りこんな景色。

Image_5Image_9あちこちに自然のお花が咲いていて、見事。ゴージャスなお花はないのですが、自然の優しいお花がこの景色にぴったり。

Dsc06241Image_8お食事の場所はこの上のガラス張りところです。最高じゃないですか!

このあたりの動画をとってみたり、周辺探索を満喫している私。良い空気もたっぷり吸ったことですし、お部屋に戻って、昨夜のディネのレポートなどをまとめることにしましょう。そして、いよいよ、待ちに待ったBrasのディネが始まります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年11月14日 (火)

年末年始営業のご案内

早いもので、11月も半ばです。年末年始営業のご案内をさせていただきます。

~年末年始営業のご案内~

★12月19日(火)・20(水)休み

<クリスマス限定ディナー>(¥7,500税・サ別)

★12月21日(木)~26日(火)

→クリスマス期間がお忙しい方の為に26日まで延長しました!

→21日(木)は夜のみ、22日(金)は昼夜営業します!!

*クリスマス期間、ランチの営業は通常通りのメニューとなります。

22日(金)、23日(土)のディナーは満席となっております。他の日程はまだ余裕がございます。

クリスマスディナーの内容等詳細は今月中にはご案内予定です。毎年、大変お薦めな内容となりますので、是非、ご来店ください。

★12月27日(水)休み

★12月28日(木)夜~1月4日(木)営業(元旦は休み)

 →28日(金)は夜のみ、29日(金)は昼夜、営業します!

★1月5日(金)休み

★1月6日(土)夜~通常営業

12月は忘年会シーズンで、団体様や貸し切りのご予約も多くなります。特に、年末年始はご家族でのお客様も多く、込み合う日もございますので、ご予定が決まられましたら、お早めにご予約いただきますよう、よろしくお願い致します。

今年も、残り、僅かとなりました。皆様の笑顔を楽しみにしております!

Franceにて~Bras~

Dsc06250予約が取りにくいお店の一つ。長年、ミシュラン3つ星を保たれているオーベルジュ、「Bras」に到着です。日本では、洞爺湖にお店があります。

第一印象は非常にナチュラル。自然の中の憩いの場所という感じ。地方の上質なオーベルジュに感じる醍醐味と言いましょうか、自然の中に、洗練しつくされた空間ということがさすが。この旅を続けていると、それぞれのオーベルジュの個性を感じることが、たまらぬ刺激になるのです。

チェックイン。Dsc06255Dsc06182自然のお花が素敵。Dsc06186Dsc06192レセプションでいただいた、pêche(桃)風味のthé glacé(アイスティ)の美味しかった事!こういう物が非常に美味しいと、お食事にも期待できますね!

私達には、贅沢過ぎるオーベルジュですが、今回は、ディネに行きたかったので、がんばって、宿泊しました。

Dsc06209Dsc06206Dsc06201Dsc06199快適なお部屋です。お部屋のテラスからの眺めも最高です。猛暑でくたくたな事を忘れてしまいました。

Dsc06197部屋にはピクニック用のリュックが置いてありました。

Dsc06261シェフは長い道のりの運転でお疲れ~。ゆっくりしてもらっている間に、私は、周辺探索へ!


«12周年