2017年8月15日 (火)

お盆休みはいかがお過ごしですか?

Imageお盆休みは皆様いかがお過ごしですか?御家族での楽しいお集まりも多く、嬉しく思っております。写真は最近人気のメインディッシュ、「岩手県産ホロホロ鳥のロースト」。柔らかくジューシーでとっても美味しいですよ!

今週、15日(火)16日(水)は、急なキャンセルなど入ったりして、昼、夜共に空席ございます。送り火のお時間までにという時間指定も承ります。ご予定決まられてなければ、是非、ご来店ください!美味しいお料理をご用意して、お待ちしております。

Franceにて~La table de chantré①~

まず、最初のディネはLa table de chantré。6年前にお昼に伺って、もう一度行きたいと思っていたので、ディネにて再訪問です。コスパ非常に良く、比較的、気軽にうかがえる1つ星レストランです。

Dsc05984

Dsc05988Dsc05986まずは、アペリティフにシャンパ―ニュをいただきながら、メニューを選びます。メニューは60€ 1種類で統一ですが、メインを2種類から1つ選ぶスタイルです。こちらのクープ・ドゥ・シャンパーニュ、Jérôme Prévost!美味しいです!!!

Dsc05991パン。Dsc05990バターは無塩と海藻風味と二種類。岩塩が添えられます。

Dsc05993まずは、食欲そそるアミューズです。左手前、グリエールの生地、グリエールのベシャメル、グリエールのチュイル!泡にピッタリ!右手前、小さなバンズの間に3色のピーマン、サーディンの酢漬け、タプナード風味。中央の細い棒はアンショワ風味のフィユテ、奥の容器にはランティーユ(レンズ豆)のクレームにランティーユ、ジャンボン(ハム)、ソシソン・セック(サラミ)、クルトンなど・・・充実です!

Dsc059951皿目の前菜はレマン湖で採れたイワナの冷製です。これが抜群の火入れで、周りに添えられたシャンピニオンのクレーム・フュッテ、ジロール、シェリーヴィネガー風味のエシャロットのコンフィなど、好きな物ばかり、手の込んだ一皿でした。とても印象に残った前菜です。

Dsc06001ワインは厚みもあり、芳醇な香り、ミネラルたっぷりのシャブリ。美味なり。

Dsc059972皿目の前菜はたっぷりのフォアグラのフランの上にアスペルジュ・ブランシュ(白アスパラガス)、スリーズ(サクランボ)やフレーズ(苺)のチャツネが添えられ、上にはアスペルジュ・ソヴァージュ(野生のアスパラガス)、周囲には鴨の燻製のパウダーが散らしてあります。濃厚な一皿です。

Dsc05998Dsc05999続いて、お魚料理は贅沢にオマール・ブル!素材を生かしたシンプルなお料理です。クルジェット(ズッキーニ)の花が可愛らしく添えられ、クルジェットのピューレとサフラン風味のソース。食べごたえありました!

この後、お肉料理、フロマージュ、数種のデセーが続くのですーー!















2017年8月 8日 (火)

pêche★pêche★pêche

8月は嬉しい方々からのご予約が続いていて、ウキウキの毎日。はりきってお仕事させていただいております。

Imageさて、ディネの季節のデセーのご案内です。皆さん大好きなpêche(桃)を使ったデザート「pêche★pêche★pêche」です。いろんな味わいのpêcheを堪能していただこうと考えたアシェット・デセーです!チラ見せ写真。中に楽しいお味が潜んでします。間違いなく美味しいので、お楽しみに!!!

~Franceにて~Fuilly Fussé

Franceでは急なトラブルがつきもので、ギリギリのプランは禁物。ですから、レストランとホテルの予約以外は、予定を詰めずに、動くようにしています。フランスの田舎の情報も日本で入手するのは困難ですから、地元の方にお薦めを聞いたりする事も多いですね。

レストラン中心の旅なので、Domaineにアポを取ったりすると、時間がなくなってしまう可能性があります。アポはあえてとりません。今回、近くの私達が好きな「Chateau de Fuissé」へ、ダメもとで訪ねてみることにしました。

Dsc05943Dsc05957Dsc05964Dsc05963行ってみると、シーンとしていたので、あー、無理かな――と思いながら、門の前をうろうろしていると、「J'arrive!!!」(すぐ行きます!)という声が聞こえてきたので、待っているとニコニコマダムが出てきてくれました、。少し、dégustationの依頼をしてみると、全てアポなので、もうすぐしたら、お客様が来られるから無理といわれましたが、「5~10分くらいだったら?」と粘ってみると、そのくらいならいいよと快く中に入れてくれました。Dsc05937

Dsc05947気になるワインを何種類かテイスティングさせてもらいました。Dsc05946やはり、monopoleのle closは素晴らしく、その味わい、香りに感動していると、そのワインや土壌についての解説を詳しくしてくれて、その畑まで連れて行ってくれました。Dsc05945Dsc05942Dsc05940彼女のワインに対する愛情が伝わってきました。

Dsc05948Dsc05951Dsc05952Dsc05953倉庫を見せてもらうと、アメリカへの輸出がダントツ多いようですね。次いで日本、そして、ドイツの順だそうです。

まだ、初日なので、少しばかり購入。それにしても、美味しいワインでした。

しばらくすると、アポの方たちがやってきて、「あなた達も一緒にどう?」とCAVEの見学をさせてくれると言うではありませんか!なんと、ラッキー!

Dsc05936Dsc05962Dsc05961レストランの予約に間に合う時間まで一緒に見学させてもらって、とても有意義な時間でした!

Dsc05958Dsc05960「merci,madame!」























2017年8月 1日 (火)

8月です!

8月に入りました!暑い中、ご来店有難うございます。

お盆期間のお問い合わせも多数いただいております。お盆期間は通常通りの営業となりますので、よろしくお願いします。15日(火)、16日(水)は、比較的、お席に余裕がございますので、是非、ご来店ください!

8月~10月にかけて、フランスにいらっしゃるお客様が多いですね。パリはもちろんの事、地方にいらっしゃるお客様も年々増えています。「フランスに行く前に!!」とご来店いただくお客様も多いです。私のわかる範囲でご旅行のお手伝いになることをお答えできたらなあと思っておりますので、遠慮なさらずにお声掛けください!お役に立てれば幸いです。食関係のことしかわかりませんけれど(笑)。

~Franceにて~Chambres d'hôtes シャンブル・ドット

Dsc05917この日のディネのレストランはこちら。6年前にランチに伺って、満足度高かったので、リピです。お料理はもちろんの事、ワインリストが素晴らしいお店です。レストランのお話は、また、後日。

ただ、ホテルが近くにないので、それが難点。基本、レストランに宿泊施設(auberge)、がある場合、そこに泊まりますが、辺鄙な所にレストランだけある場合の宿泊が、いつも苦労します。この日の宿は、レストランのHPで紹介されている中で、近くて良さそうなChambres d'hôtes を予約しました。

レストランの場所はMaçon chantréですが、こちらの宿はFusséにあります。一番近いと言っても3キロほど離れています。Dsc05920このあたりの景色は壮観です。

Dsc05973Dsc05923個人経営のこちらのChambres d'hôtes 「La Bergerie de Fussé」です。予約はメールでのやりとり。お返事がとにかく早かったので、安心でした。

Dsc05925Dsc05979Dsc05978Dsc05927清潔感溢れる気持ちの良いChambres d'hôtesでした。

Dsc05934お部屋からの眺めも最高です。こちらに関しては、自然の風が気持ちよく、エアコンいらず!気持ちの良い宿!

そして、こちらのマダムが、働き者!!!こんなに、よく働いて、仕事の早い、フランス人、初めてかも!これだけ、気持ちよく敏速に、働ける方って憧れるーー!なんと、フランス人なのに、「バカンスなし、休みなし!」なんですって!「毎日がこの景色だから、仕事がバカンスよ!」って、おっしゃってました!すごいですね!確かに、素晴らしい環境。本当に楽しそうにお仕事されてました!

Fusséにきたら、また、ここに泊まりたいな!

少し、休憩と思いましたが、すぐ近くに好きなドメーヌがあるではありませんか!アポはとってないので、ダメもとで、行ってみることに!

2017年7月25日 (火)

Gaspacho de tomato

暑い日々が続いてます。今年は、夏野菜が豊作のようで、嬉しいです。

美味しい完熟トマトが手に入ったので、久しぶりに、トマトのガスパチョを!Image暑さを一気に吹き飛ばしてくれるような身体に優しい爽やかなガスパチョです!トマトに隠し味のお野菜がプラスされて、とーーっても美味しいんですー!完熟トマトがなくなり次第、終了ですので、お早めに!

ご来店お待ちしています。

〜Franceにて〜J'adore la cuisine française
Dsc05911レンタカーを借り、いよいよOn y va!!Lyonの街から出発なので、運転や道路に慣れるのが、最初、少し大変です。シェフ!頑張れ!Dsc05915Basilique Notre-Dame de Fourvière(フルヴィエールのノートルダム大聖堂)を遠目に眺めつつ、Lyonとお別れ。まずは、Maçon方面へ。

フレンチ巡りの旅が始まります!

フランスでも色んなジャンルのお店に行きましたが、私達が好きなのは、やはり、ガストロノミーです。クラシックなスタイルを大切にしながら、新たな事に挑戦されているお店に出会うと、嬉しい気持ちになりますし、とても、勉強になります。こういったレストランに行って、感動したことや嬉しかったことを、出来る範囲で自分達のお店で表現できるといいなあ・・・。そんなことを考えながら過ごすようにしています。

旅行中、ずっと、フランス料理?って考えられないと思われるかもしれません。職業柄もありますが、連日の外食もフレンチだから出来ること。他のお料理だと、連日は無理です。フランスでのフレンチに関してのみ、連日OK!!料理、サーヴィス、雰囲気、そして、最後のデセーまでが楽しみでウキウキ。次はどんなものがでてくるのだろう、この抜群のタイミングで、こんな風なサーヴィスをされるんだ!など、ためになる事だらけです!きっと、私達が、フランス食文化を好きで、崇拝している事が大きいのでしょう。

さあ、フランスのエスプリをたっぷり感じ、帰国後、お店に反映できることが、1つでも多くありますように!

1つ1つ、それぞれのお店の良さや感動した出来事等、ゆっくりとご紹介していきたいと思いますので、ご興味ある方はお付き合い下さい!!

 

2017年7月18日 (火)

お盆の営業

祇園祭も終わり、今週は少し、落ち着きそうですが、続いて、お盆のお問い合わせが増えています。

Imageラニオンは、お盆期間、通常通りの営業となります。帰省の方も多いと思いますので、是非、お誘いあわせの上、ご来店ください。美味しいお料理を準備して、皆様にお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

Franceにて~Bernachon~

Lyonに行って一番行きたいところは、Bernachon。王道のショコラティエ。最近流行の繊細なショコラティエではないのですが、クラシック直球でショコラ愛に溢れた感じが好きです。そして、何より、支店がなく、Lyonの店舗だけしかないことも魅力です。だから、わざわざ行きたいのです。

Dsc05887ホテルから20分程歩いて、朝の散歩がてら行きました。行く道にBocuse系列のお店、Brasserie L'ESTがありました。こんなに近かったら、次回、到着日の夜に余力があれば来てもいいなと、ちらりと思ってみたり。

Dsc05889さあ、Bernachonに到着です。あーー♪嬉しい気持ちが頂点に達します!左側がショップ、右側がサロン・ド・テです。9時前に到着。ショップは8時半~、サロン・ド・テは9時~です。先にショップで、少しお買いものしてからサロン・ド・テに行くことに。

Dsc05894Image_2Dsc05908Dsc05909Dsc05910Imageといっても、この猛暑。ショコラの持ち歩きが心配です。日本への持ち帰りはタブレットを少し。これも、日中、車の中はエアコンをいれ、ホテルに着くたびにホテルに持ち込まないと、大変なことになってしまいそうな暑さです。あとは、途中でいただくためのボンボンを少しだけ購入。それと、その日、もしくは、翌日用のおやつに大好きなマドレンヌです。ショコラ付きのマドレンヌ、美味しいんですよね~♪

Dsc05900Dsc05901Dsc05897続いて、サロン・ド・テに。ショコラ系のお菓子にはミルクもお砂糖も入れないcaféというのが、私のお決まりなのですが、今回は、Bernachonでショコラショーを頼むと決めていました!シェフは、揺るがず、caféを頼んではりました。(caféにはパレ・ドールが1つサーヴィスでついてきます!)そして、ミニ・ガトー4個セットを2人でシェアしていただきましたよ!(エクレール・オ・ショコラ、プリュンヌ&ショコラガナッシュ、ピスターシュのクレームにショコラ生地のガトー、プラリネのムース)どれも、どっしりと美味しくて、素朴な感じも良かったです!!ショコラショーは、思ったよりは、さらりとしていて、お菓子と一緒でも、美味しくいただく事が出来ました。Image

でも、でも、もう、しばらく、ショコラはいいかな・・・と思う位、体中がショコラになった感じ。Bernachonを堪能しました!幸せ★★★Lyonに来たら、絶対に外せないお店です!

2017年7月11日 (火)

Toropicaux

夏がやってきましたね。今回のフランスは、地方にて猛暑日が続いてましたので、比較的、この日本の暑さも耐えられています。

Image今、お薦めはディナーのデザート、「Toropicaux」!マンゴーのムースやトロピカルフルーツを数種類のハーブのジュレと共に仕上げたデザートです!爽やかなこのデザートで夏の暑さを吹き飛ばしてくださいね!

Image_2先日ご紹介したフランスの美味しいフロマージュも是非!お薦めです!

7月はそんなに混み合うこともなさそうですので、ご来店くださーい! お待ちしております!

~Franceにて~TGV

Dsc05872TGVの予約について、簡単に書いておきます。

基本的に3ヵ月前からこちらのサイトから予約出来ます。早く予約するほど安く、キャンセル不可のチケットなら、1等も2等もほとんど、変わらない金額で予約出来るのです!

Dsc05875荷物も少なく、気軽な旅なら、2等でも全然問題ないです。ただ、私達の様に、荷物が多い方や、ゆったりした旅がしたい方は、1等が断然お薦め!スーツケースの置き場確保など、1等だと、スムーズ!そして、2等なら、2列、2列並びのところ、1等だと、2列、1列並びなので、席が広く、快適です。

私達が気に入っている席「Duo vis-à-vis」という席です。こちらは、対面式の2人席で、1列並び側、中央にテーブルがあります。これだと、プティ・ピクニック気分。隣の席とは離れているし、良い感じです。

もし、横並びの2席ご希望なら、「Duo cote à cote」になります。「Duo」と言うのは、2席専用の意味。

お1人の方、「à cote de fenêtre」なら窓側 「à cote de couloir」なら通路側となります。「Carré」は向かい合わせの4人掛け。2名、2名で向かい合っています。ほぼ、テーブルが中央にありますので、楽しく過ごせますね。

これは、ネットでチケットを予約する際、ご希望なら指定されることをお薦めします。金額は、お任せも希望しても、同じです!

今回、フライト12時間弱、入国し、荷物を受け取り、TGV移動、2時間で到着のはずが3時間。けっこう、疲れましたが、飛行機の乗換後、また、空港から市内に移動するよりは楽かな。とにかく、到着、出発の際は、荷物もあるので、駅から近く、場所のわかりやすいホテルが良いです!

Dsc05880翌日から、ハードスケジュールが待っていますので、この日は、ホテルの近くで、賑わっていたケバブ屋さんにてveau(仔牛)のkebab sandwichを à emporter!軽い夕食で済ませました。

Dsc05883ホテルのテラスでは、1人30€程度で食べ放題、飲み放題のféteをやっていて、盛り上がっていましたが、夜中まで騒ぐ元気もなく、翌朝のBERNACHONを楽しみに、この日は静かに休息しました。

2017年7月 3日 (月)

帰国しました!

Franceより、帰国いたしました。7月1日(土)より、営業再開しております。

今年は、内陸オーヴェルニュ地方中心の旅。ブルターニュ地方とはまた違った、美味しいフランスを堪能しました。お料理はもちろんの事、fromageの美味しさにも感動でしたね!訪れたお店は個性的で魅力のあるレストランばかりで、それぞれ、違った良さがあり、学ばせてもらう事の多い旅でした。また、皆さん、非常に親切で、良くしてくださいました。私達のお店に外国の方がいらっしゃった際も、より気持ちの良いおもてなしををしたいと強く感じました。

Imageさて、今年も、ParisのM・O・Fのお店Laurent Duboisさんで美味しいfromageを仕入れてきました!早くもご来店いただいてますお客様はfromageを注文いただく方が多いです。中でもオーベルニュや、ペリゴール地方のfromageが好評!美味しいですよ!是非、お早めにご来店くださいませ! ご予約のお電話、お待ちしております!

~Franceにて~arrivée

今年は昨年と大幅に場所が変わり、一切、海が見えない内陸部を巡ってきました。シャルル・ド・ゴール空港に着陸後、入国審査、荷物受け取り、そして、すぐに空港からTGVでLYONに移動。

TGVのチケットはこちらのサイトより、格安チケットを予約済。16時シャルル・ド・ゴール空港着、そして、TGVは18時発。2時間しか猶予がなく、どこかでトラブルが起こるとそこからがまた、大変ですが、毎回、一か八かのプランです。何とかなってきてるので。今回も、ここまで、全てスムーズ!ラッキー。

Dsc05867荷物も無事でてきて、TGVのストもなく、ホッ!!!TGVのホームで1時間ほど待ち、2時間の電車の旅。Dsc05868Dsc05874でも、到着時間の20時には、到着せず、20分遅れますとのアナウンスが、、、。そして、どんどん長引いて、結局、1時間遅れの、21時到着でした!まあ、これがFrance!Tant pis!

Dsc05865飛行機は毎年エールフランス。ストetc...心配事項は多いですが、飛行機に、フランス人の客室乗務員が多数いて、フランス語が流れている事、始まりから、フランスを感じられることに毎回幸せを感じるのです!

Dsc05879とりあえず、無事、LYONに到着できて、まずは一安心。

また、今回の旅で気づいたこと、ゆるりと綴っていきます。お付き合いくださいませ。

2017年6月13日 (火)

6月15日よりフランスへ!Grand merci★★★

Dsc04636いよいよ、フランスまで、後2日。

6月14日(水)はランチまでの営業とさせていただき、

6月15日(木)~30日(金)までフランス旅行のため長期休暇をいただきます。

<長期連休のご案内>

 

6月14日(水)昼まで営業

 

6月15日(木)~30日(金)休み

 

7月1日(土)より通常営業

 

ご予約のお電話は、6月14日(水)16時まで、6月27日(火)16時より受け付けます。

新たな発見がありますように!フランスの風をたっぷり吸ってまいります!帰国後、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

そして、急遽、フランス行きが早まったのもあり、短くまとめていくはずの「フランスにて」の旅で気づいた事等が、途中から、長文の旅行記になってました。今度こそ、旅で気づいたことをわかりやすく、楽しく、コンパクトに、まとめていけたらよいなあと、考えております!またまた、お付き合いお願いいたします!

~Franceにて~L'Orangerie&帰国

最終日のディネはL'Orangerie。Four Seasons内にある、エレガントなレストランです。こちらのレストランは、新たに新設された、非常に楽しみなレストランでした。

Dsc05722Dsc05723Dsc05753Dsc05754Dsc05755ホテル内はゴージャス~!美しい花!花!花!!Parisだー!!!テンションあがるー!私達庶民、浮いてるんじゃないかな・・・。でも、気にしないで、気負わずに堂々とするのが、一番!

すぐにレストランへ、そして、席に案内していただきました。
Dsc05726美しい店内。

Dsc05727窓際で、中庭が綺麗に見え、気持ち良い~!!!サーヴィスのムッシューも最高に感じよくもてなしてくれました。彼らのプロ意識の強さに脱帽です!!

Dsc05730まずはシャンパーニュにピッタリのアミューズいろいろ!

Dsc05728シトロン・ヴェールとゲランドの塩風味のフィユテ。サクサクでホロホロです。素晴らしい!

Dsc05729黒オリーヴとトリフの美味しすぎるサブレやパッションフルーツ味のクレームなど・・

Dsc05733インゲン豆のムースにアマレット味のグラス。ハーブのチュイルがアクセント。フランスっぽいお味~♪

MENU DÉCOUVERTE DE L'ORANGERIEを選びました。

Dsc05732驚くほど美味しかったパン!時計回りに上からバゲット、ブリオッシュ、パン・ドゥ・セレアル。普段、料理を完食するためにパンはあまり手を付けないようにしていますが、こちらのは、美味しすぎてついつい。。。

Dsc05731バターも貴重なLe Ponclet!最高!

Dsc05740Dsc05743少し日が暮れてきて、ムーディーな雰囲気。

Dsc05741シェフが選んだ前菜 Poupe de méditerranée

avocat, noisettes, à l'orange sanguine

地中海の蛸、アボカド、ノワゼット、をブラッドオレンジ風味に仕上げたさっぱりとした一皿。香ばしい生地がアクセントになっていて、その生地がやたら美味しい。

Dsc05742私が選んだ前菜 Carpaccio de Langoustine

Caviar impérial,eau de citron et oseille rouge

手長海老のカルパッチョ。特上のカヴィアとオゼイユ。シトロン風味のジュレがカヴィアの下に添えられていました。贅沢な1品。


Dsc05746メインは2人ともこちら。Canard Colvert rôti

Lard de Colonnata,Figues,Cèpes et Sureau

ジビエ出始め。青首鴨のロティ。美しいお皿。左側が鴨。右側がセップのグリエ。セップの上には生ハムのラードのシート、下には無花果のジュレが。ニワトコの香りで良いバランス!

Dsc05749ワインはブルゴーニュの赤!

Dsc05756アヴァン・デセーは桃にハーブの泡のソース。

Dsc05759シェフが選んだデセー

Fines feuilles et Soufflé

Chocolat noir, cardamome

濃厚なショコラに爽やかなカルダモンの香り

Dsc05760私が選んだデセー

La Figue

à la feuille de Châtaignier, Miel, et Son Torréfié

サーヴィスのムッシューが大好きなデセーだと言ってました。凝縮された無花果に栗風味のシート、香り高い蜂蜜のクレーム。大満足の一皿でした。

Dsc05764アブリコ、ショコラ、フランボワーズのミニャルディーズにアンフュージョンで〆

Dsc05766エレガントで大満足のレストランでした!記念日など、特別なディネにお薦めでーす!

ちなみに、こちらのレストランは、早くも今年のミシュラン1つ星を獲得されましたよ★

今回の旅は、いろんなタイプの素晴らしいサーヴィスの方々に出会うことが出来、とても勉強になりました。シェフにとってはお料理やデセーの刺激、私にとっては楽しませてくださるサーヴィスの刺激!私達にとって、フランスは、また、がんばるそー!という気持ちにされてくれる最高の場所なのです!今年も良い出会いがありますように!

Dsc05775最後は凱旋門を見て、、、この後、荷物整理がーーー!


Dsc05785帰国は9時にエールフランスバス!ホテルの目の前で便利!

Dsc05781ホテル近くのKAYSERでパンを買っておこう!Dsc05808試しで買った胡桃のパン、美味しかった~!フロマージュにぴーーたり!今年も買おう!

Dsc05788預入荷物は、自分でコンベアにのせて、各自、23㌔重量を測るスタイルに変わってました。

Dsc05793Dsc05802お決まり空港LADURÉEにて、最後の足掻きマカロンを!


Dsc05800 À l'annee prochaine♪♪

帰国後、7月1日(土)から営業致します!6月27日(火)16時よりご予約のお電話を受け付けております!よろしくお願い致します!

















2017年6月 6日 (火)

初夏のデセー

フランス旅行まで、10日を切りました。それまでに!と、ご予約をいただいたり、お休みの期間に、ご予定していただいた方がお日にちを早めていただいたりと有難く思っております。フランスに行く前も、ますます、はりきってお仕事しますよーーー!

Image_7さて、初夏になり、苺の時期も終わります。続いて、ディナーの季節のデセーは、極上のパイナップルやマンゴーを使ったデセーをご用意します!食後にぴったりの爽やかな味わいです!お楽しみに!ランチでは、今まで同様、定番のその日のデセーを2種類から選んでいただくスタイルです。デセーも、美味しいね!と、最後までご満足いただける事がラニオンのモットーです!ご来店お待ちしております!

Image_3さて、6月4日はシェフの45歳のお誕生日でした!少し前のデセーで、シェフが苺のガトーをずっと作ってましたので、毎年定番のショートケーキを今年は、やめにして、渋く、ガトー・オ・ショコラ・クラシックでお祝いしました!Image_6大切な友人がコート・ディボワールのお土産にくれたとっておきのショコラを贅沢にも使わせてもらい、自家製シトロンコンフィを忍ばせた誕生日スペシャルのガトー・オ・ショコラにしてみました!Image_4なかなか、好評で、18センチのガトーがあっという間になくなり、嬉しく思っています。元気で働けることが、一番!年々、健康の有難みを感じます。お店を長く続けるためにも、楽しく、仲良く、健康で、頑張っていきたいです!

~Franceにて~Musée d'Orsay

日曜日の午後、オルセー美術館が行列してなかったら、行ってみようかと、ダメもとで、オルセーに行きました。なんとなんと、一番混んでいるはずの日曜日のお昼間、ほとんど並ぶことなく、すんなり入館できるなんて、なんてラッキー!それだけ、パリに観光客が減っているということです。ツアーの方々には、ほとんどお会いすることなかったです。

Dsc05642Dsc05644Dsc05645Dsc05650Dsc05648Dsc05679改装工事直後は写真禁止だったのに、写真OKになっていました。ノルマンディ―地方でどっぷり印象派に浸ったので、Parisでもオルセーで印象派に浸りたかったのです。

Dsc05655Dsc05658Dsc05663Dsc05665Dsc05666Dsc05677Dsc05678Dsc05681Dsc05682Dsc05684Dsc05685Dsc05688Dsc05689好きな絵画が目白押し!

Dsc05690大満足です!

Dsc05692その後、セーヌ川をお散歩。

Dsc05719LE B・H・Vは日曜日も営業してました。

ちなみに、今年の3月から皆様大好きLe Bon Marché が11時~20時、La Grande Epicerie de Parisは10時~20時、日曜も営業になりました!ウソみたいですね!

Galeries Lafayette に関しては、本館、紳士、メゾン館は11時~19時まで、日曜も営業。ただし、グルメ館は日曜日お休みです。

今後、日曜日も有意義に過ごせそうです!

Dsc05711マレ地区で、美味しそうなジェラード店「Pozzetto」を発見。種類がいろいろあって、迷うーー!

Dsc05713シェフはフロマージュ・ブラン&シトロン

Dsc05714私はフレーズ&ピスターシュ

素材の味がしっかりして、美味しい――!お薦めです!

Dsc05720フランスとのお別れが近づいてきました。さあ、次回、最後のディネはかなり楽しみ~なレストランです!

2017年5月30日 (火)

Poissonおすすめ!!

5月も終わり。6月前半は、気持ちのよいお天気が意外に続きますよね。最近は、晴天続きで、お魚もピチピチ大漁!とても、美味しいのです。

Image写真は「長崎五島列島産カサゴのポアレ オリエンタルエピス風味」。季節の空豆やパプリカなどのお野菜も彩り綺麗に、初夏らしく、目にも楽しい一皿です!大好評!!カサゴは身がプリプリしていて、私の大好きなお魚の一つです!

Imageスープは上質な新玉ねぎを使った冷製スープです。コンソメゼリーを忍ばせて、この時期嬉しい一品!こちらは、いつも以上に味わってくださる方が多く、「このスープ、本当に美味しかったーー!」とのお声を何度もうかがえて、嬉しく思っております。

6月は出始めの夏野菜も多く、意外と食材豊富!美味しく食べて、梅雨を乗り切りましょう!

Franceにて~le dimanche matin~

Dsc05602Dsc05603日曜の午前中は、1人で買い物!シェフはホテルでのんびり。まずは、モンパルナスタワーを眺めつつ、行きたかったDES GATEAUX ET DU PAINまで、歩いて!

Dsc05604Dsc05605思った以上に立派な店構え!かっこいいお店です。

Dsc05606生菓子も美しくおいしそうでした!

Dsc05608Dsc05638目的は、日本に持ち帰り用の焼き菓子。スタッフの方にお勧めを聞いて「Cake au citron」を購入。とても、美味!好みでした!

ひっきりなしに、地元のお客様がこられていました。パンなども非常に美味しそうでしたよ!この日は、お腹が、いっぱいすぎて、そんな気分にもなれず・・・次回の楽しみに!

続いて、メトロでビオ・マルシェに向かいます!Dsc05610Dsc05612Dsc05613Dsc05616Dsc05614Dsc05623Dsc05620こちらのマルシェは、もう、すっかり、観光地です。普段、このマルシェには、日本人の方も多いですが、テロの影響で、例年よりは、少なかったです、、、。

Dsc05622ビオ・マルシェの目的は、こちらのBain Grâce/ Féminité(Sel de guérande huiles essentielles ~Rose, Myrrhe,Ylang, Géranium~)です。もう、何年も使い続けていますが、強すぎる香りではなく、本来の自然な優しい薔薇の香りが上品で、気に入っているのです。ただ、塩は重いので、沢山は買えませーーん。ご褒美お風呂の日に使う為のSel de bainです。

Dsc05624ビオ・マルシェにいったら、すぐ近くのこちらにはいかないと!もう、すっかり有名「HUGO&VICTOR」。

Dsc05626Dsc05627Dsc05628Dsc05630ここのフィナンシェが好きですーー!翌日の飛行機でいただく用に購入!Dsc05632Dsc05640

Dsc05635続いて、またまた、メトロで移動。バス派の私ですが、日曜日はバスがお休みの路線が多く、つい、メトロです。テロが気になるし、1人でちょっと、怖いけど。。。

Dsc05636Dsc05637気になっていたお店。Famille Mary。買いたい蜂蜜がありました。France国内にもParisにも支店が何店舗かあります。

Imageこれです。ゲランドの塩入り蜂蜜!試しに買ってみました。これが、はまる美味しさでした!上品な塩加減と甘みがフロマージュにぴーーったり!また、買いたいです!

«長期連休のご案内