« Lannionからの葉書 | トップページ | 6月を向かえて・・・ »

2010年5月26日 (水)

ブルターニュ報告とパリのパン屋さん

先日、Lannionからお葉書をくださったお客様が、私の前回の記事をご覧になり、すぐにメールをくださいました。なんと、何話かに分けての旅行記です。ありがとうございます。

とても長い文面での旅行記で、上手くまとめて解説しようと思い、試みましたが、どうも、きちんと伝えられる文章になりません(T_T)。実際自分が訪れていない場所なものですから、どうも、リアルに表現できず、断念。でも、少しでもお伝えしたくて、大まかな事だけ・・・

最大の目的地はGuimiliau、2番目の目的地はIle de Batzとのことでした。結構、雨に合われたり、寒かったり、バスの便が悪かったりと大変そうでしたが、さすが、旅の達人!雨の場合の目的地もl'Argoatと考えておられ、雨ならではの森林公園でのハイキングも楽しまれたそうです。森の中に妖精がでてきても不思議ではないくらい素敵な森だったそうです。

その他、有名な教会にいらっしゃったり、遺跡めぐりをされたりと、この短期間、しかも、1日に、数本しかないバスや電車を乗り継いでの旅。あっぱれです。最後にはパリに寄られ、短時間にもかかわらず、パリまでも堪能されたご様子でした。私のつたない情報も少しはお役にたった様でしたので、嬉しく思いました。

ブルターニュの半島先端にいかれての注意事項です!「お客様でブルターニュへ行かれる方にはアドバイス願います!」と書かれていましたので、ひとつ、ご忠告!

★干潮時に渡れたであろう小島がありました。でもこのあたりの海岸で下って上るのは要注意です。帰り道は水没。足元に草がなければ、いずれここも水没。最悪、死。

とのことです。確かにブルターニュの海の潮の満ちひきは要注意です!!私も一度、あわてた事がありますよ(~_~)

ブルターニュでのお食事の方はどうやら、クレープ三昧だったそうです。故意の時もあれば、そうでない時もあり、お店が休みだったり、時間があわなかったりと・・・。残念ながら、ブルターニュのオマールエビには御縁がなかったそうです。とにかく、P7130105 ブルターニュは困った時にはクレープ!なんですよね(^^♪写真は、昔、私がブルターニュのラニオンで食べたもの。一番シンプルな塩バターのみの、そば粉のクレープとシードルです。

フランスの田舎を旅するのは、一度、はまると、やめられません。私も昔、1人でバスや電車を乗り継いでフランスの田舎を旅しました。乗り遅れたらどうしよう・・とか本当にバス来るのかな~なんて、どきどきしながら。でも、何とかなるもんなんですよね。やりたいと思うことはためらわずにやる!やってみなけりゃ、始まらないって感じでね。でも、フランスの田舎を旅するのは、気を長くもつこと、少々のトラブルは気にしないこと、そのトラブルすら楽しめること、そんな事が大事かもしれませんね。ただ、最低限、電車やバスの情報だけは詳しく調べていく事をお薦めします。お葉書をいただいたお客様は本当に何から何まで完璧に調べつくして行かれるので尊敬します(*^_^*)

また、ゴールデンウイークで旅されたご報告にお越しいただいたお客様もいらっしゃいました。先日は、「20年ぶりに、娘とパリにいってきたよのー!!」と美しいマダムが!パリの話でまたまた大盛り上がり、私もかなり興奮してしまいました。レストラン、お買い物など、かなりパリを堪能されたご様子でした。とにかく、パリのパンが気に入られていて、 パリのパン屋さんのこと、もっと、聞いとけばよかった・・・って、すごく後悔されていましたが、とりあえず、 パリのパンは美味しいんです。P9210305P6030392私が、また、P1010175 P6040432 要らぬ情報をお伝えしてしまうと、久しぶりのパリの旅、他の目的と違う場所に私のお薦めした、パン屋さんがあったりしたら、わざわざパン屋さんに行く為に、時間をとられてしまって、ちょっと、もったいなかったかもしれないですよ。また、次回、いらっしゃる時のお楽しみに!パリの美味しいパン屋さんはだいたい、ばらけて、地区ごとにありますから、お泊りのホテルの、もしくは、目的がある場所の近くのパン屋さんに行かれる事をお薦めしますね。もちろん、パン屋さんめぐりが目的の方は別ですけど・・・。

さて、随分前の話題になりますが、3月22日はパリのバゲットコンクールがありましたね。焼き具合、形、香り、味など、厳正な審査が行われますが、今年の優勝は「Le Grenier a Pain Abbesses」 M.Jjibril BODIANでした。優勝賞金は4,000ユーロとフランス大統領官邸に一年間バゲットを納品することが決まるのです。P1010065 P1010062 P1010064 パリのパン屋さんで買うパンは本当に美味しい!とパリ旅行にいらっしゃった方は口をそろえておっしゃいます。しかも、フランス人の殆どは毎日バゲットをパン屋さんで購入します。星の数ほどあるパリのパン屋さんの中から1位に選ばれるなんて、本当に名誉なことですよね。シェフと私はパリにいるとき、良く13区のGrenier a Painに買いに行きました。借りていたアパルトマンの下にこんなに美味しいパン屋さんがあったことが嘘みたい。本当に美味しかったのです。P6060473 P6060475 P6030400 最近旅行する時は13区にはアパルトマンを借りる事がなくなりましたが、それでも、かならず1度は買いに行く大好きなパン屋さんです。優勝した18区のGrenier a Painには、場所柄、2~3度位しか行ったことがありませんが、大好きなGrenier a PainのAbbesses店がバゲットコンクールで優勝したと聞いてとても嬉しかったのです!パリにいらっしゃった方、お近くまで行かれた方は、是非、Grenier a Painへいらっしゃって見て下さい!パリ市内に支店は何店舗かありますので!9区、13区、15区、18区ect・・。お店自体も可愛いし、バゲットだけでなく、どのパンも、ケーキも全て◎なんですよ(*^_^*)ちなみにお店の写真は上が174 rue Ordonerの [Au Petrin d'Antan]店。下の写真が 52,avenue d'Italieの [Italie]店です(*^_^*)

Kicx7341 Kicx7339 紫陽花の季節!実家の庭にいろいろな種類の紫陽花が咲き始めました。大好きなのが、花簪というこの紫陽花で、すごく可愛いサイズ!テーブル花にぴったり!殆どうすいグリーンっぽい色だったんですけど、一輪だけ、ピンクの可愛~い色が咲きました!雨が多くて憂鬱ですけど、紫陽花見てると、嬉しくなりますね!もうすぐ、6月、梅雨なんかふっとばして美味しいもの食べて、元気にがんばりましょう!

先日の雨の日、あるご婦人がおっしゃってた言葉で気に入った言葉。「外が雨の中、お気に入りのレストランで気のおけない友達とこうやって、ランチするのって、雨ならではの贅沢な楽しみ方な気がして嬉しいのよね!」(^_-)-☆

« Lannionからの葉書 | トップページ | 6月を向かえて・・・ »

フランス関連」カテゴリの記事

ラニオンのお客様」カテゴリの記事