« ピスタチオカラーに! | トップページ | 紅葉&クリスマスディナー&年末年始 »

2010年11月16日 (火)

Champagneがお薦め♪&「La Ferme de l'Hospital」

京都が賑わう季節です。京都の秋は本当に素敵です。秋になると、春同様、心がウキウキします。この時期は、やはり、ご遠方のお客様が多くなりますね。先日は84歳のマダム5名様が東京より、ディナーにお越しいただきました。皆さん、確実に10歳は若くみえます!お洒落で素敵なマダムぶりは、まるで、ここはフランスじゃないか・・・!と錯覚してしまう様でした。・・・私もあんなふうに年を重ねたいとしみじみ感じました。

最近は、時期的なせいもありますし、新メニューが好評で、ランチのお問い合わせも非常に多くなっております。席数も少ないので、お早目のご予約をお薦めいたします。

メニューは昼、夜共、オードブル2品はお任せで、メインはお選びいただけるスタイルになっておりますが、基本的に月1ペースで、月の中頃(日にちは若干前後します。)に内容を変更していく予定です。どうぞ、その月々のお味を楽しみにお越しくださいませ!

さて、毎年恒例のクリスマスディナーですが、今週末には内容を発表させていただく予定です。まだ、メニュー発表前から、ご予約、お問い合わせをいただきまして、有難うございます。今年は、12月20日(月)~25日(土)の7日間を予定しておりまして、金額は、例年通り、¥7,500(税込み・サ別)となります。今のところ、21日(火)は以外は、空席がございますので、ご予約お待ちしております!

最近の変化としては、RMシャンパーニュのメニューを増やしたことですね。RMシャンパーニュは小規模生産者のシャンパーニュで、造り手や畑によって、とても、個性がでる楽しいシャンパーニュです。日頃からお世話になってますワイングロッサリーさんがRMシャンパーニュに非常に力をいれておられるので、この、一年、徐々に自分達で試飲してみては、味の違いを確認し、自分達の大好きなシャンパーニュをいろいろ揃えてみました!

シャンパーニュって、アペリティフに、いただく楽しみと思いがちですが、アペリティフはもちろんのこと、どんなお料理にも合わせやすい万能なワインなのですね!シャルドネだけで作られるシャンパーニュ、ピノ・ノワールだけで作られるシャンパーニュ、シャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエなど、ブレンド゙されているシャンパーニュ、それぞれ、葡萄によっても、地域によっても、全然お味が違います。その日の気分や、御料理によって、楽しめるのです。最近、私達は、御料理に合わせてシャンパーニュをいただく事が多くなりました。

Kicx8840 是非、お客様にも、シャンパーニュの楽しみ方をわかっていただきたいと思いまして、シャンパーニュのボトルラインナップを増やしました!!お値段もかなり、リーズナブルになっておりますので、是非、是非、シャンパーニュとお料理のマリアージュをお楽しみください!!

さて、フランス旅行記、続きです。

リヨンを早々出発。朝8時にレンタカーの予約をしていましたので、Kicx7479 Kicx7480 Kicx7487 まずは、ハーツに。全保険は必須。いろいろ手続きをすませ、いざ、出発!1年3ヶ月ぶりの運転で、さすがに、最初は緊張します。今年は、快適なプジョーでした。リヨンの街は一方通行が多いし、高速に入るまで込み合いますから、慣れない運転も伴い、最初はちょっと大変・・・。

高速に入れば安心です。「これで、調子でてきた!!」とシェフ。いよいよ、サン・ジュリアン・アン・ジュネヴォワから7km離れたボセイというフランスとスイスの国境付近の街に向かいます。気分を高める為にもシェフが2002年に働いていたお店「La Ferme de l'Hospital」にランチに行くところからスタート!周りの景色を楽しむ為にもランチにうかがいました。こちらは、ランチもディナーも内容等は同じです。正直、泊まって楽しめるところは、近くに無いし、ランチをゆっくり、いただいてから、花の街で有名なイヴォワールに宿泊することに決めました。

Kicx7486 12時前にその街に到着しましたので、街探索です。平和そのものの街で、綺麗。空気が澄んでいます。こんなところで暮らしている人たちは、本当に幸せだな・・・と思いました。

Kicx7490 さて、12時過ぎにレストラン入店。シェフが出迎えてくれました。7年ぶりの再会。嬉しそうでした。なんか、気持ちが浮きすぎて、シェフと一緒に写真を撮ってもらうのを忘れてしまった馬鹿な私達(T_T)・・・。店内はサヴォワ地方らしい可愛いウッディな雰囲気です。

Kicx7497 アペリティフをいただきつつ、メニューを決めます。ワインはシェフが運転なので、私用に白のハーフを。せっかくなので、この地方のお薦めワインをいただきました。

Kicx7499 Kicx7503 Kicx7506 Kicx7509 Kicx7514 Kicx7520 御料理はすべで、非常に美味しかったです。特にこちらのスペシャリテのフォアグラとセップ茸、トリュフのラビオリは絶品!フランスではあまり頼まないお魚料理も美味しくいただきました。全ての写真は撮れなかったのですが、撮れたものだけ、少しUPしました。デザート後のミニャルディーズも可愛くて、大好きなカヌレも美味でした!どのお料理も、優しいお味で、量も程よく、最後まで、美味しくいただくことが出来ました!今度はいつ来れるかな~!!

名残惜しみながら、お店を出、シェフが2002年によく休憩時間に出向いていた、 綺麗な山、サレーヴに連れて行ってもらいました。 Kicx7545 Kicx7528 Kicx7532 Kicx7534 Kicx7560 美しいモンブランが見え、牛がいて、なんとものどか。よく、ここで、遅いお昼を食べていたそうです。羨ましいですね。空気が澄んでいて、最高に綺麗でしたよ!腹ごなしに、サレーヴを散歩し、本日の宿泊先、レマン湖のすぐ側、花の街イヴォワールに向かいます!

« ピスタチオカラーに! | トップページ | 紅葉&クリスマスディナー&年末年始 »

フランス関連」カテゴリの記事

ラニオンのお客様」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

食材やメニューに関すること」カテゴリの記事