« 久しぶりの雪景色 | トップページ | HENRI LE SIDANER »

2012年2月28日 (火)

5年ぶりの東京

少し寒さがましになってきましたね。 Dsc02835 お花は啓翁桜。山形特産の冬でも楽しめる可愛らしい桜です。細めの枝なので、お部屋に飾るにはもってこいです。

Dsc02836 母が新作の絵を持ってきてくれました。黄色いラッパ水仙の絵で、めちゃくちゃ可愛いです。とても気に入り、すぐに、飾らせてもらいました。

先日、5年ぶりの東京に行ってきました。さすがに、随分変わっていた気がしましたね。SUICAだけでなく、PASMOも出来ていたので、使いこなせるか、最初不安でしたが、使ってみると、便利!便利!

新幹線ほぼ、始発で行きましたが、それでも、なかなか忙しい旅でした。 Dsc02721  まずは、東京ビックサイトで行われています、厨房設備機器展に行きました。最近は、便利な調理器具がどんどん、でていますし、使い方を丁寧に説明してもらえるので、為になりました。私達が愛するベルナルドのブース、ベルナルドファンの私達としては、別格の輝きを感じました。新作もでていましたし、また、新しくお皿を購入したくなったとシェフもはりきっていました。結構、長い時間、いろんなブースで説明をうけ、充実した時間を過ごすことができました。

そして、今回は、行きたいと思っていたパティスリー4軒も伺うことができました。昔から、大好きな尾山台の「AU BON VIEUX TEMPS」、そして、自由が丘の「Paris Seveille」、銀座から程近い京橋の「hidemi sugino」など・・・そして、今回、無理かなー・・と思っていたけど、帰りに、最後の足掻きでうかがえ、大正解だった、目白の「Aigre-Douce」。。。。どのお店もレベル高かったですね・・・・。東京の洋菓子の充実度は素晴らしい!!!お菓子屋さんのお菓子とレストランのデザートとは、ちょっと違うのですが、こういった、美味しいお菓子屋さんのお菓子をいただくことは、とても刺激になり、勉強になります。まだまだ、行きたいお店はありましたが、この4軒に伺えて幸せでした。

美術館は、Dsc02833 Dsc02725 京橋の「ブリジストン美術館」、Dsc02834 Dsc02796 上野の「国立西洋美術館」に行きました。どちらの美術館も、印象派をはじめ、非常に充実した作品群で、大満足でした。ブリジストン美術館では、1月7日~3月18日まで「パリへ渡った石橋コレクション」の企画展が催されていましたので、ラッキーでした。当店は、東京からのお客様も多く、その度にいろいろな情報を教えていただけるので、今回もかなり、参考にさせていただくことができ、本当にありがたかったです。

レストランはディナーのみ2軒、伺いました。以前より、大好きなお店「Le Mange tout」と初めてお邪魔したお店、「Restaurant FEU」です。どちらも心から美味しく満足させていただきました。

「Le mange tout」は谷シェフの楽しく美味しいお料理と最高の笑顔、そして、憧れのマダム楠本にサーヴィスしていただけた事は至福の時間でした。

そして、「Restaurant FEU」はフランスのエスプリがばっちり感じられ、松本シェフの御料理は言うことなしで、サーヴィスのムッシュー今井も最高!!!初めて伺ったお店とは思えぬ居心地の良さでした。ワインの品揃えも素晴らしく、真のフランス料理が大好きな私達にとって、非常に満足するレストランでした。今後も繰り返しお邪魔したいお店だ!!と心から思いました!

毎年、フランスに行っているので、東京にはなかなか、足が向かずに5年が経ちましたが、やはり、東京は、気持ちを高めてくれる刺激的な場所だと再認識しました。また、がんばって働いて、東京にも行きたいと強く思いましたね。

フランス旅行記と平行して、今回の東京のお話も、所々、少しずつ、ご紹介していけたらよいなと思っています。

フランス旅行記続きは

アランシャペルを出発した日は、日曜日。せっかくだから、蚤の市などにいってみようということで、 行きやすい場所を調べた結果、大きく紹介されていたのでVilleubanneにいくことにしました。Kicx9448 Kicx9450 ところが、えらく渋滞・・・・。やっと、たどり着いたと思ったら、すごい人・・・。ものすごく大きな市でした。ただ、相当、治安が悪そうで・・・・、、、、中には、入ってみたものの、危険な視線を感じすぎて、ゆっくり見てられません。渋滞の中、せっかく来たものの、早く移動したほうが懸命という事で、ブルゴーニュ方面へ移動。途中、綺麗な湖があったので、車を止め、気を落ち着かせ、一休み。皆さん、ピクニックやひなたぼっこを楽しんでられました。Kicx9459 Kicx9467 日曜日のフランス人の最高の過ごし方なんでしょうね。

その後、もう1つ、探しておいた、Givry村の小さな、蚤の市に行きました。Kicx9475 Kicx9478 こちらは、治安もよく、ゆったりと小規模にされていたので、一安心。このぐらいが楽チンですね。始めて訪れる蚤の市etc...などについては、わからぬまま、一か八かで訪れる事も多々あります。今回の教訓としては、あまりにも大きすぎる街の市は、車も込むし、危険な事も多いということ(あくまでも、場所によりますけど・・・)。こじんまり見やすい街というのが、よさそうです。

フランスの日曜日、特に地方に関しては、閉まっているお店が殆どです。ただ、土曜日か日曜日には、なにかしらの市が開かれ、逆に楽しかったりするのです。基本的に曜日は決まっているので、事前に調べておく事をお薦めします。もしくは、なにもかも忘れて、自然を楽しむことですね。

さあ、いよいよ、今回で、3度目の、ラムロワーズに行く事にしましょう!

« 久しぶりの雪景色 | トップページ | HENRI LE SIDANER »

お店での出来事」カテゴリの記事

フランス関連」カテゴリの記事

好きなお店の紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事