« いよいよ9月 | トップページ | 仔羊のソーセージ »

2013年9月10日 (火)

奈良へ

随分、過ごし易い季節になりました。食欲の秋、スポーツの秋!2020年のオリンピック開催地が東京に決まり、感激ですね!

Image_18今週のテーブルのお花は、綺麗な色のガーベラを見つけたので、こんな感じで。

ImageImage_2さて、先日のお休みは急に、シェフと2人で奈良に行くことになりました。うちのシェフが若い頃からお世話になっている道野シェフが今年の4月から奈良橿原の「まほろばキッチン」内、レストランTOKIWAのお料理を監修されているので、お邪魔してきました!道野シェフは、お昼はこちらにいらっしゃると、うかがっていたので、お会いできたらいいなーーーと、願いを込めて!

最初、どうも、お姿が見えなかったので、残ねーん・・・・と思っていたら、お顔が見えました!まるで、大好きな芸能人に会えた様な気持ちでウキウキしました。相変わらず、コックコート姿が超素敵!後で、お話をうかがったら、お昼は、橿原、夜は福島のご自分のレストラン「Michino Le Tourbillon」に、いらっしゃるとの事・・・移動時間、片道約2時間半。すごいパワーです。

お食事は身体に優しく、かつ、美しく、美味しいお料理でした。Image_3Image_4Image_5Image_6Image_7ディナーと同じコースをお昼でもいただけるとの事でしたので、そのコースをいただきました!美味しく、ぺろりといただいちゃいました!特に、お魚料理(いとより)が、ふっくら美味しく、ソースもうまみたっぷりで、シェフも私も、とっても、気に入りました。

道野シェフにお会いして、お料理をいただくと、いつも、パワーをいただけます。私達もがんばらなきゃ!!道野シェフ、ご馳走様でした。

Image_8続いて、吉野にある「La Peche」に行ってきました。こちらのシェフ、平野大さんとは、2001年、私がパリの研修先(Arnaud Larher)で知り合い、とても、お世話になり、それから、ずっと、仲良くさせてもらっています。時々、私のブログでもご紹介していますが、久しぶりにお店にうかがって、またまた、パワーアップしていた気がしました。彼は、本当に実力派!!!吉野という決して立地条件は良くない場所ですが、ケーキマニアの中で、爆発的に年々、人気が上昇しています。

Image_11Image_12店内は、生菓子、焼き菓子、共に充実!

Image_9少しだけケーキとお茶をいただけるスペースがあるので、久しぶりに会う大さんとの会話を楽しみつつ、最高に美味しいケーキを堪能しました。写真は「ショコラ・マロン」。フランスの味がする!とっても、濃厚で、秋らしいケーキ。ショコラ、栗、好きにはたまらない!

それにしても、私達がお邪魔している間も、どんどん、お客様が来られていました。地元の方だけでなく、タクシーを横付けして、ケーキを買って、帰られる方も少なくありません。すごい人気ぶりです。

大人気(多い日は1日350個位でるそうです。)のモンブランは、9月7日~始まるそうですが、「モンブランだけじゃなくって、他のお薦めのケーキがいっぱいあるんだけど・・・、それだけを目当てにこられる方も少なくないんだよね~・・・」と、つぶやく大シェフ。

そうなんです。大人気のモンブランだけ買いに行くなんて、もったいなすぎるくらい、どのケーキもクオリティが高く、材料も惜しげなく使われ、あんなにフランスの味がして、しかも、懐かしい地元密着感もある、あんな、パティスリーって、ここしか、ないんじゃないかなー・・・。友人の欲目ではなく、本当にそう思います。

Image_10今回、いろいろいただいた中で、その場でいただき、あまりにも気に入って、母に買って帰った、「プラリネシトロン」。ナッツがごろごろ、ダコワーズ生地も非常に美味しく、コクのあるプラリネクリームとアクセントの檸檬クリームのさりげない酸味が相まって、最高に幸せになれる、ショコラとナッツ好きにはたまらないケーキ。私には、ド・ストライク!

Image_15そして、気になって買って帰った、「オートンヌ」。クルミやアーモンドのジョコンド生地にマロンクリームやガナッシュクリーム、そして、自家製無花果ジャムをアクセントにきかせた、これまた、最高に美味なケーキ!なんて、バランスが良いんだろう!!!!感動してしまい、帰ってから、大さんに美味しかった感想を言わずにはいられず、電話してしまったくらい美味しいケーキ!こちらは、秋限定だそうですが、自家製の無花果ジャムがなくなり次第、終了との事です。11月くらいまでは、あるんじゃないかとのことでした!いらっしゃった方は、是非、召し上がっていただきたいですね!

帰りに、その日いただける分の生ケーキと焼き菓子などを買って帰りました!焼き菓子、マカロン類の日持ちは、約1週間です。

Imageこちらの焼き菓子が美味しいのはいつもの事で、初めて、こちらのフィナンシェをいただいた時は、その美味しさに驚き、シェフの母が親戚のお使い物にしたいと、すぐに親戚分全員の注文をいれたくらいです。

そして、うちのシェフの好物は、フォンダンショコラ。濃厚なショコラがたまりません。Image_3ラッピングはこんな感じで、Image_4Image_5開けると上下こんな感じ。濃厚なので、少しずつカットしていただきます!ショコラ好きには最高!

Image_13Image私は、こちらのマカロンも大好きです。とくに、カシス、ブルーベリー、苺など、ベリー系。クリームの中に、自家製ジャムが潜んでいるのが良い感じ★★★。そして、やはり、ショコラのマカロンはお気に入りです!

Image_17そして、今回、初めていただいたレーズンサンド、、、、これが、驚きの美味しさでした!クリームの味といい、お酒の効き方といい、サブレの味といい、厚みといい、最高!やっぱり、大さんが作るお菓子は、美味しい。普段から好きなレーズンサンドですが、大さんのレーズンサンドは特別美味しかった!また、買いに行きたいです!

私は、お菓子の話になると、ついつい、熱くなってしまいます。特に、パリで知り合った、友人がこんなに素敵なお菓子を作って、お店をしている事が、嬉しくてたまらないのです!彼の、人柄も、お客様に対する姿勢も仕事に対するまじめさも、素晴らしく、しかも、それが、さりげないので、うちのシェフも私も尊敬しています。こちらのお店は、友人のお店だからというのではなく、多分、友人ではなくても、きっと、わざわざ、買いに行っているでしょう。本当に一押しのパティスリーです!

それにしても、この日は、美味しいランチと、美味しいケーキでお腹いーっぱいになっちゃいました!

~フランス旅行記続き~

ロカマドゥールの近くにあるオーヴェルジュLe pont de l'ouysseへ、向かいます。GAMINにばっちり、住所をいれておいたのに、住所では、こちらのオーベルジュに、たどりつきません。。。困り果てて、通りがかりの車をじっと待ちました。ラッキーにも地元らしき、ムッシューが!オーベルジュの場所を聞くと、すぐに行き方を教えてくれました!有難うと言って、車を走らせると、どうやら、そのムッシュー、私達の前に走って、ナビってくれているのです。優しい~!オーベルジュの前に着くと、クラクションをプッと鳴らして、手をふって帰っていかれました!フランスの地方の方は、驚くほど、親切な方が多いです。

Dsc04647Dsc04648やっと、Le pont de l'ouysseに到着です!そうそう、こんな感じのオーベルジュです。前にテラスがあって、テラスを覆うように大きな木があって、プールがあって、フランスの地方ならではの、自然の中にあるオーベルジュ!!!

こちらは、私達の愛読書、「フランスの旅」という本で以前見つけてから、ずっと、気になっていました。「うまいもん食わしたるで!」という、シェフの意気込みを感じられる気がしたのです。

Dsc04707Dsc04639可愛い階段を上がって部屋に案内してもらうと、とてもラブリーなお部屋。落ち着いた、使いやすい空間です。

Dsc04652Dsc04646そして、まだ、明るいので外に行く事に。目の前が川で気持ちが良いのです。何をしてるかって?ベンチを見つけて、また、お御料理のスケッチや、友人への手紙を書いています!

そうそう、この時、こちらで働いている1人の日本人女性を発見!しかも関西の方でした。日本人に会うのは本当に久しぶり!と、えらく喜んでくれて、いろいろ、お話しました。とても、美味しいレストランなので、働けてとても、幸せだとおっしゃってましたね!

さあ、この日の夕食は、期待できそうです!

« いよいよ9月 | トップページ | 仔羊のソーセージ »

お店での出来事」カテゴリの記事

フランス関連」カテゴリの記事

友人の事」カテゴリの記事

好きなお店の紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美味しい!」カテゴリの記事