« Madame et Monsieur | トップページ | ポークのグリエ »

2015年8月25日 (火)

Raisin

随分、秋めいてまいりました。朝晩、過ごしやすく、嬉しいです。

秋といえば、葡萄が美味しいですね。フランスでは葡萄の収穫で忙しい時期に入ります。Dsc05107フランスのマルシェの果物屋さんも秋に行くと、葡萄があまりにも美味しそうで、ついつい買いたくなります。写真は数年前、秋に行った時のマルシェにて。

日本の葡萄も美味しいです。ただ、日本の果物はフランスに比べて高価な物。フランスでは果物が豊富でお安いので、沢山買って、加工(コンフィチュールやタルトなど)する方も非常に多いのです。日常的に購入できるフルーツをパーティの手土産にするのはフランスでは失礼にあたるというのも聞いたことがあります。フランスのホームパーティの手土産はお花かシャンパーニュやワイン、ショコラが喜ばれるようです。

Image秋の味覚の葡萄。写真は私の大好物の一つでもあるピオーネ!

Image_3そろそろ、シェフが秋のデザートを考え始めております。美味しい葡萄を使ったデザートになる予感。葡萄ということで、ワインとコラボさせてみようかなと。イメージを聞いたり、試作を見ているだけでも、おいしそう!ご期待ください!

先日、所要で大阪梅田へ。私がリヨンのベルナッションの大ファンというお話から、是非!と、お菓子教室をされているお客様からおすすめいただいたお店「PALET D'OR」。以前から三枝シェフのお店は気になっていたのですが、お菓子食材や、パティスリーなど、フランスのお話で盛り上がりまくったお客様のお勧めなので、行きたさが倍増しておりました。Image_2念願かなって、やっと、伺うことができました。

「夏に行かれたら、是非、こちらのチョコレートパフェ’’パフェ・パレドール’’を食べてください!頑張った自分へのご褒美パフェなんですよ!本当にお値打ちなんです!」というお客様お勧めのパフェを楽しみにうかがいました!

実は、私、幼稚園、小学校の時、何かにつけて、好きな食べ物という欄には「チョコレートパフェ」と書いていたくらいのチョコパ好き!今も変わらず好きですが、なかなか、チョコレートパフェを食べるタイミングがなく、今回、かなり、テンション高め!

ハービスPLAZA ENTの4階にあります。窓が広く、なかなか気持ちの良い空間。Image_3きれいなキュイエール。

Image_4「パフェ・パレドール」美しい!クオリティ高い!パフェで1,600円って、なかなか贅沢だな・・と思いましたが、いただいてみて、これは、お値段以上の価値あり!

Image_5アップはこんな。10種類以上のショコラのパーツが使われているのです。美味しすぎるグラスやソルベが重なり合い、中にはショコラのムースやドライフルーツ、ナッツがたっぷりのショコラのグラノーラ、ショコラブラン風味のクレームなど。デコラシオンのショコラや飴細工も美しく、全ての材料が、上質!

食べてみないと、説明だけではこの感動は伝わりません"(-""-)"

とにかく、たまらぬおいしさでした。ただ、ボリュームがありすぎて、ショコラやパフェ類に目のない私もさすがに満腹状態。夕食もほとんど食べることができなかった位です。

非常におすすめのパフェですが、軽くパフェでも・・・というよりは、しっかり、デセー食べるぞ!という日に、是非、おすすめです!

~フランス旅行記続き~

昨夜食べ過ぎ、飲み過ぎたので、朝食はパス。街歩きがてらお散歩。Dsc02619Dsc02620_2ロワール川を眺めながらPont Cessartを渡ってマルシェへ。

Dsc02622Dsc02625こちらは、小さなマルシェでした。Dsc02626Dsc02627でも、このお店のフロマージュ・ドゥ・シェーヴル、相当なクオリティ!

Dsc02634街歩きを軽く、Dsc02644Dsc02632おいしそうなサロン・ド・テのガトー、Dsc02636そして、まだ、開店していないアンティークショップのウインドーを楽しみながら・・・

Dsc02590今回の目的のお店の一軒、GIRARDEAUに!!店構えからして美味しそうな空気が漂っています。地方の街にあるわざわざ目指して来るお店の前に立つと、ワクワク度が高まります。

うおーーー!!!美味しそう~!!!Dsc02637Dsc02638Dsc02641Dsc02642Dsc02643お昼用にテリーヌなどを。そして、持ち帰り用に日持ちのする瓶入りテリーヌなど。。

Dsc02640このピエ・ドゥ・コションを昨夜、Bistrot de la placeで食べて、本当ーーにおいしかった事を、お店の方に伝えると、全国コンクールでチャンピオンになったピエ・ドゥ・コションよ!!と上機嫌で話してくれました!!(その他、黒ブーダンでも過去2回受賞、ガチョウのフォアグラでも金賞という記録をもつ実力派です!)

続いて、ホテルのチェックアウト。鍵を返して、支払いだけなので、簡単。ただ、伝票が間違っていないか、クレジットカードの支払金額は間違いないか、は、きちんと確認する癖をつけましょう。

そして、ホテルの人は必ずと言っていいほど、「Avez-vous bien dormi?」(よく眠れましたか?)とか、「C'est bien passé?」(ゆったり過ごせましたか?)とか聞いてくれます。良く眠れたり、心地よく過ごせたなら、「Oui,on a(j'ai) bien dormi」(はい、良く眠りました。)や、「Oui,c'est très bien passé」(はい、とても心地よく過ごしました。)などと答えます。私は、あまりにも気に入ったら、「Oui, oui, merci beaucoup, c'est très bien passé, je veux également rester dans cet hôtel,  si, c'est possible !!」「はい!有難うございます。とても心地良く過ごせました。出来ることなら、また、こちらのホテルで滞在したいです!」などということも多いです。気に入らない場合は、フランスの方なら、何かしら文句をいうのでしょうが、なかなか、日本人は、満足できなかったとは直接言えませんね。そんな時、よっぽど酷かった時以外は、特に何もいわず、「Merci au revoir.」(ありがとう。さよなら)と挨拶をして、さらりと帰る感じでしょうか。とにかく、心地良かった場合は、大げさな位、喜びを表現します!

そして、こちらの親切なホテルのムッシューが教えてくれた美味しいブーランジュリーに行くことに。ブーランジュリーについて尋ねると、いろいろ、周辺のブーランジュリーを教えてくれましたが、「La plus délicieuse boulangerie est ici.」(一番美味しいパン屋はここ!)と、地図に書いてくれたお店に。

Dsc02650Dsc02645地元の方に教えてもらわなければ、絶対わからない地元のパン屋さん。本当に美味しそうな香りが漂っており、どんどんお客さんがやってきます!

Dsc02646Dsc02647おいしそうなパンがいーぱい。Dsc02649お昼用のバゲットと、おやつパン(couronne クーロンヌ)をゲット。

Dsc02651さあ、ここから、Noirmoutierまで、ワイン街道を通りつつ、長い道のり。フランスのこの景色、大好きです。

 

 

 

 

 

« Madame et Monsieur | トップページ | ポークのグリエ »

お店での出来事」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

フランス関連」カテゴリの記事

ラニオンのお客様」カテゴリの記事

好きなお店の紹介」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美味しい!」カテゴリの記事

食材やメニューに関すること」カテゴリの記事