« 10周年限定ディナー | トップページ | 爽やかな秋晴れ »

2015年9月15日 (火)

美味しいテリーヌを!

Image最近のディネのメニュー、オードヴルの1皿より、白金豚スネ肉とフォアグラのテリーヌです。秋になりまして、こういった、テリーヌが食べたくなりますね!泡、白、赤、全てに相性抜群のテリーヌです!しばらくの期間、ご用意しております。もちろん、テリーヌがお苦手なお客様はご予約の際、お伝えください。変更させていただきます。

Image10周年記念限定メニュー期間のご案内をさせていただいて、すぐに、ぞくぞくと、ご予約のお電話をいただいている事、誠に感謝しております。御客様、1人1人のお顔を思い浮かべながら、10年間のいろんな思い出を巡らせております。まだ、曜日によっては、お席も十分ございますので、是非、お時間ございましたら、お誘いあわせの上、ご来店くださいませ!非常にお値打ちな内容となっておりますよ!

ImageImage_2お菓子マニアの友人からのサプライズ東京土産😍😍😍!!気になっていたお店「à tes souhaits!」さんの焼き菓子!相当嬉しい私!!!!そして、お味がtrès très bon!!!感動ーー!東京の行きたいパティスリーがまたまた、増えちゃった~。でも、東京行ったら、つい、おなじみの世田谷周辺をうろつく私なので、吉祥寺は遠いなー。だから、余計に嬉しかった!Uちゃん、Merci!

~フランス旅行記続き~

La Marine のディネ、シャンパーニュをいただきながら、メニューを選びます。こちらは、フルコースが9皿構成、他、7皿構成、4皿構成、の中から選びます。昨年、9皿で、お腹がはちきれんばかりになったことと、7皿構成の中で、食べたいものが全て含まれていたので、今年は7皿構成をお願いしました。でも、そのお料理が始まるまでに、これだけの、アミューズが出てくるのです~!すごくないですか!!

Dsc02683まず、定番のノワール・ムチエ名産ポム・ドゥ・テール(ジャガイモ)を使った3品。コルヌにポム・ドゥ・テールのグラス、ポム・ドゥ・テールのチップ、ポム・ドゥ・テールのピューレ→どれも優しいお味。これから始まるお料理に期待が盛り上がるスタート!

Dsc02684テーブルには真っ赤な薔薇と、ノワール・ムチエ名産のセル(塩)。

Dsc02686赤い海藻のスナック風生地(まるで、日本の上等のスナック菓子の様な食感)に海藻のクリームと、黒い海藻のチップ→磯の香りと濃厚な海藻の味わいが良い感じ。

Dsc02687鯖のスモーク→私達が日本人なので、嬉しそうな表情で持ってこられた。盛り付けが面白い~。もちろん、骨は食べられませーん。

Dsc02688タラの皮をパリパリにして、底に敷き、BIOの鱒の卵、レモンのコンフィ、タラの身のクリーム、ディル、庭に咲くBIOの花→香りや見た目を楽しむ一皿。タラの皮のパリパリ感が、なんとも美味しい。

Dsc02689ビーツのジュリエンヌ(細切りのビーツ)タルトレット 中にムール貝のクリーム。庭に咲くBIOの花→フランスならではの味わい。なかなか、日本では、出てこない感じですね。

Dsc02690これ、アミューズの中の一押し!鯖とコーヒー風味のトリュフ。アツアツでサーヴされます。→たまらなく美味しい!フレークの鯖がコーヒーパウダーと合わさり、こんなに美味しいなんて!もう一度食べたいーーー!

Dsc026923種の小さな器で

Dsc02693左からアーティショーのクリーム、ヴィネガーで軽くしめた鯖、アーティショーフリット。

この時点で、鯖は3回出てきてますが、それを感じさせない程、調理法、味わいなどが、全く違っていました。

Dsc02694中央、シェーヴルクリーム、新鮮なアサリの生、小蕪のスライス、イカ、黒米のチュイール

Dsc02695右は苺とトマトの冷たいスープ、パルメジャーノレジャーノのグラスにBIOの花。

Dsc02697海藻バターとナチュールのバター

Dsc02698自家製パン

アップにとっていますから、すごい量に思われますが、全て一口サイズの上品な量ではあります。ただ、ここまでが、アミューズ。この後、7皿しっかりお料理がでて来るのです!次回は、その模様を!

Dsc02728ワインはお料理に合わせて地元Vendéeのお勧め白ワインをいただきました!お勧めのワインを尋ねる時は、ソムリエの方に''Qu'est ce que vous me conseillez le vin pour ce menu(plat)? ''(このメニュー(料理)にあうお勧めのワインはどれですか?)。などと聞くと、こちらの好みを聞きつつ、気の利いたものを勧めてくれます。

ブルゴーニュ地方に行ったりすると、好きな造り手や飲みたいものが沢山あるので、自分で選びますが、こういった地方に行くと、日本では出会えないその地ならではの造り手の美味しいワインがリーズナブルでありますから、こんな風に尋ねたりもしますよ!''Vous avez le vin de jeune producteur prometteur dans cette région?''(この辺りの若手有望な造り手のワインはありますか?)

フランスでレストランに行かれたら、地方ならではのワインも楽しみましょうね!

« 10周年限定ディナー | トップページ | 爽やかな秋晴れ »

お店での出来事」カテゴリの記事

お知らせ」カテゴリの記事

フランス関連」カテゴリの記事

友人の事」カテゴリの記事

好きなお店の紹介」カテゴリの記事

美味しい!」カテゴリの記事

食材やメニューに関すること」カテゴリの記事