« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月29日 (火)

「Menu de Noël 2016」 内容決定しました!

Noëlメニュー内容が決まりました!内容発表前から、ご予約いただいたお客様、有難うございます。なんだか、楽しいNoël週間になりそうです!

楽しみにお越しいただくお客様に喜んでいただけるよう、今年もシェフが気持ちを込めて内容を考えていました。今回も、非常におすすめの美味しい「Menu de Noël」となっていますので、是非、皆様、ご来店くださいませ!

クリスマス限定ディナーは12月19日(月)~25日(日)という長い期間ですので、お席に余裕のある日も、まだまだございます!(後半は、ほぼ、埋まっていますが、前半19日(月)~22日(木)は、余裕あります!)予約、お問い合わせお待ちしております!

<クリスマス限定ディナーメニュー ¥7,500 税・サ別>

 期間:12月19日(月)~25日(日)


・お楽しみの一皿


・岩手県産ホロホロ鳥のテリーヌ  コンソメジュレ 仏産アジャンプリュンヌのアンサンブル


・甲殻類のミネストローネ ア・ラ・カンカレーズ


・シェフがマルシェで見つけた厳選素材のお魚料理


・オランダ産仔牛フィレ肉とフォアグラのパイ包み マデラ種の香るソース


・林檎のシブースト カルヴァドス風味&ソルベ オ フロマージュ・ブラン 


・小菓子盛り合わせ


・食後のお飲物(コーヒー、紅茶、エスプレッソなど・・)


・自家製パン

今年も美味しく、楽しい幸せなクリスマスディナーになるよう、シェフ共々、頑張ります!よろしくお願いいたします!

~Franceにて~baguette feuilletée

Dsc04869シャンブル・ドットでの朝ごはん。自然いっぱいのテラスでいただく朝食を前日から楽しみにしていました。ですが。。。朝から、シトシト、ビュービュー、雨と風が・・・。(ノルマンディ地方は朝方、雨が多かったです。昼になると晴れるのですが。)どう考えても外での朝食は無理!仕方なし。。。

Dsc04914バスケットで準備されたpetit déjeunerがお願いした時間ぴったりにドアの前に。Dsc04915あまりに可愛くてウキウキ。

Dsc04917本当は外でいただきたかったけれど、諦めて、部屋の中で。

Dsc04919うおーん、美味しい!!そして、今回、猛烈に気に入ったパン!中央のねじった感じのバトン状のパン、「baguette feuilletée」バゲット・フィユテ。フランスパンの生地にバターが練りこまれ、周りパリパリ、中はもっちり!美味しくて、美味しくて、つい、食べ過ぎました。

Dsc04927チェックアウト!

Dsc04924Gentille madame et mignon chien!À un jour ou l'autre!

Dsc04925Dsc04926お家のお庭は洋梨が鈴生りでした。

2016年11月22日 (火)

クリスマスモードに!

先週末より、店内模様替えで、すっかり、クリスマスモードに入りました。Image_2Image

クリスマスのご予約、お問い合わせ、有難うございます!内容発表前から多数のご予約、嬉しいです。年末のお問い合わせも増えています。年末も、日に寄っては、既に、込み合っている日もありますので、ご予定決まられましたら、お早めにお電話ください!

クリスマスのメニュー内容は、ほぼ、決まっていますが、より美味しく!と、詰めているところです。今年のフランスで感じた事をよい形で反映できたら良いなと思います。毎回申してますが、「本当に美味しかった!来てよかった!楽しかった!また、食べたいな!」と心から思っていただけるクリスマスになりますように!!

シェフの考えているメニュー内容を聞いたところ、ラニオンのお客様が、お好きそうな感じ!きっと、皆様、喜んでくださりそうです。お楽しみに!

~Franceにて~Le Bec au Cauchois Restaurant Pierre caillet 2(deuxième)

お料理の続きです。

Dsc049012品目の前菜。「Le Brocoli」菜園のブロッコリーを余すところなく美味しくいただく一皿。この前菜はお皿をなめたいと思ったほど美味しかったです。なんと、ブロッコリーの芯の部分が中央にドーンと、うまーーい具合に火入れされ、ブロッコリのピュレ、スライス、フレッシュハーブ、イカ墨のチップが添えられ、小海老の旨味が凝縮されたたっぷりのソース!食感、香り、味、全てが良い感じでした。これぞ、フレンチの味!あー、また、食べたいです!

Dsc04904メインは「Filet de pigeon cuit à just T℃,Mini-navets et Figues noires,Cuisse confite」鳩です。半身ずつですが、大きな鳩なので、ボリューム満点。柔らかく、しっとり火入れされた胸肉、腿肉はコンフィに。付け合わせには蕪のスライスや無花果のピュレ、生の無花果など。うーん!!!心に残る一皿です!ここまで、優しく、美味しく火入れされた鳩は初めてかな!とても、フランスを感じることが出来、美味しかった余韻が脳裏にも口の中にもずーっと、焼きついています!

Dsc04902お肉に合わせて違う種類のパンが。Dsc04905さて、続いて、シャイヨのフロマージュです。ノルマンディ地方の美味しいフロマージュのセレクション。

Dsc04906Camembert カマンベール、Livarotリヴァロ、 Camembert au calvadosカマンベール・オ・カルヴァドス、Neufchâtelヌーシャテル、Pont-L'Évêqueポン-レベックなどを選びました。どれも美味!ノルマンディ地方のフロマージュは大好き!

デセーは5種類から選択。どれも、フランスらしい組み合わせで迷いました。

Dsc04908シェフはこちら。「Le<Pot Aux Fleurs>」ショコラのムースにミントとコショウ風味のクレーム、ブラウニーにカカオのソルベ

Dsc04909私はこちら。「La Rhubarbe du jardin」リュバーブのマーマレード、ジャンジャンブル(生姜)のムースのタルトレット仕立て 上にはリュバーブのポシェとソルベ

デセーはモダンではなく、シンプルで素朴な感じでした。

ミニャルディーズ、かなり、好み。Dsc04913_2苺ムースのタルトレット、アブリコのパート・ドゥ・フリュイ、苺入りフィナンシェ、クラシックなトリュフ。

そして、マダムが、是非、厨房でシェフと会っていって!と案内してくださり、厨房へ!ちょっぴりシャイで、とても優しいシェフでした。一緒に記念撮影してもらった写真は2016フランスコラージュ額の中に入れ、店内に飾っていまーす。大満足のディネ!超・超・超お薦めのレストランです!

2016年11月15日 (火)

アコウのポアレ

Image最近ご好評いただいてますお魚料理。「アコウのポアレ 貝のソース」 付け合わせには、カブやプティ大根など11月に美味しいお野菜をたっぷりと。

アコウはハタの仲間で、旨味ある非常に美味しいお魚。私も大好きです。当店のお魚料理は秘かな人気メニュー。お魚を選ばれるリピーターの方も多いですね。

毎年人気のクリスマスディナーのお問合せ、ご予約などが増えてきました。有難うございます!12月24日(土)は、既に、空席僅かです。ご予定決まられましたらお早めにご予約ください!

-Fracenにて-Le Bec au Cauchois Restaurant Pierre caillet

Dsc04884Dsc04885心に残る美味しいお料理をいただいたレストランの中の1軒。クラシックで非常に美味しかったのです。ある本に載っていたこちらのお料理の写真を見て、「ここ、行ってみたい!」とシェフが言いだし、HPを拝見して益々行きたくなり、即、決めたレストラン「Le Bec au Cauchois Restaurant Pierre caillet」。こちらのシェフはMOFでかなりの実力派。非常に楽しみにしていました。

★MOF=「Meilleur Ouvrier de France」はフランス文化の最も優れた継承者にふさわしいと認められた高度な技術を持つ職人に授与される称号で、日本の「人間国宝」に相当するものと言われています。

Dsc04881Dsc04880レストランのお隣には自家菜園が!

Dsc04886品のある店内。そして、こちらのマダム、お会いした瞬間からホッとさせてくれるような度量たっぷりの優しい方!初めてうかがった私たちにこんなに居心地の良い安心感をあたえてくれる素晴らしいマダムでした。全ての方に対して、あの大らかな感じは、なかなか、出来そうで、出来ないーー。尊敬!!!

Dsc04887まずは、アペリティフにシャンパーニュ。そして、アミューズブーシュが運ばれてきました。これが、非常に手が込んでいて、レベルが高い!シェフが目を丸くさせて上機嫌になってきました。私も嬉しくなりました。お料理はアントレ、プラを一つずつ選び、シャイヨのフロマージュ、デセーを選ぶコースにしました。

Dsc04888シェーヴル味のプティ・シュー

Dsc04889タラのクロケット、ソーセージの入った緑色のマドレンヌ、グレー色はフロマージュ・フレのタルトレット

Dsc04890まるで南部せんべいの様なチップス。

どれも、シャンパーニュにぴったりです!

Dsc04895続いて、2つ目のアミューズ・ブーシュ。ラングスティーヌの味噌入りフランにベットラーヴのエスプーマ。ベットラーヴを使ったこういうタイプのアミューズをフランスでいただいて、心の底からなかなか美味しいと思えないのですが、これが、感動的な美味しさだったのです。そして、たっぷりの量。なんだか、これは、良い店に来てしまったぞ!!!

Dsc04897Dsc04898バターもア・ラ・メゾン(手作り!!)自家製パン(林檎とシードル入り!)。これらも、美味しいったらありゃしない!

この日、ワインは、それぞれのお料理に合わせるグラスワイン付でお願いしました。

Dsc04900シェフの選んだ前菜。「Courgettes du Potager et Estragon」底にサブレとクルジェットのブイヨンのジュレのシート、クルジェットのピューレ、ムール貝、ムール貝味のボール、エストラゴン風味。非常にフランスらしいお味。「これやねん!ええわー。」とシェフがうなずきながら、満足気に食べておりました。

Dsc04899私の選んだ前菜。「Artichauts et Truite de la Valmont」唾が出るほど美味しい前菜でした。Valmont産、鱒のオイルコンフィ、アーティショーのスライスやピュレ、牡蠣の味の葉、たっぷりのソース・アメリケーヌ!アーティショーに目がない上に、大好きなアメリケーヌソース、肉厚の鱒が最高のマリアージュ!C'était delicieux!!!こういうお料理が好きです!

この後の前菜、そして、メインも最高でした。また、次回!





















2016年11月 7日 (月)

クリスマス、年末年始

Image_3クリスマスディナー、年末年始のご予約、お問い合わせなど、有難うございます。クリスマスディナーの内容の発表は、まだ少し先となりますが、毎年お越しいただくお客様や、昨年のクリスマスディナーのブログ写真をご覧になった方などから、早くもご予約いただきまして、嬉しい限りです。

クリスマスディナーは、毎年、非常にお薦めなお値打ち内容です。とびきり美味しく、楽しく、心に残るクリスマスを過ごしていただきたいという気持ちを込めた特別限定のメニューとなります。

当店のクリスマスは、カップル!カップル!というよりも、女性同士やご家族なども非常に多く、和気あいあいとしていますので、カップルの方はもちろん、お友達、ご家族などとも、是非、ご来店ください。

12月23(金)24(土)25(日)が3連休ですので、おそらく、その日から埋まっていきそうです。19(月)~の前半は比較的ゆっくりしているかもしれません。ゆったりラニオンがお好きな方は、是非、前半に(笑)!

また、年末年始は、日によって、毎年、大変込み合いますので、ご予定決まられましたら、お早めにお電話ください!お待ちしております。

~年末年始 営業のご案内~

12月19日(月)~25日(日)クリスマス限定ディナー期間(\7,500 税・サ別)

12月21日(水)昼休、22日(木)昼休

12月26日(月)休、27日(火)昼休

12月28日(水)~1月4日(水)営業<31日(土)夜休・元旦休>

1月5日(木)休、6日(金)休

1月7日(土)~9日(月)営業

1月10日(火)~13日(金)休

1月14日(土)~通常営業

秋は、京都の美術館が充実してますね!少し前、Image京都市美術館「若冲の京都 KYOTOの若冲展」、そして、Image_6京都駅の「えき」、「マリー・ローランサン展 」に行ってきました。日本画も美しく、良いですね。そして、私は、マリー・ローランサンの独特のピンクの色遣いがたまらなく好きです。後は、近代美術館の「メアリーカサット展」が気になりますーー!

~Franceにて~Valmont

Valmontという街にシェフが見つけてくれたレストランがあります。レストランの予約はできましたが、小さなオーベルジュなので、部屋数が少なすぎて、一歩遅れ、満室。ディネに行きますので、徒歩圏内によさそうなホテルを探していたところ、たまたま、自然に囲まれた気持ちよさげなシャンブルドットがあり、評判も良い感じなので、こちらを予約しました。

ネットの写真から覚悟はしていましたが、なかなか、「トムソーヤの冒険」の様な(例えが古い?(笑))・・・・初体験のコテージ宿泊!Image_3案内してもらうと、え!この場所なの?本当に?という所に。

Dsc04871Dsc04870ImageDsc04866草原の中にぽつりとあるコテージです。1階にシャワーやテーブルなど。2階にトイレと寝室、食器類、電子レンジにテーブル、そして、気持ちの良いテラス。ちゃんと電気も通っています。ただ、トイレ事情がなかなか大変で、笑えましたが・・・((+_+))

Dsc04872Dsc04876Dsc04877Dsc04878Dsc04879 Image_4部屋からの景色はこんな感じです。自然いっぱい!!こんなところで、みんなで、バーベキューやピクニックをしたらどんなに楽しいかと思いました。1階には、バーベキューセットなども備わってました。残念ながら、今回は、タイミングなく、使用しませんでした。

ただ、この後、ディネに行き、ほろ酔い気分で戻ってきて、真っ暗な中、こちらのコテージに、なんとか、たどり着いて、よなよな、2階にあがるのが、非常に大変でしたーーー。想像しただけでも笑えるでしょ。次回は、非常に美味しかったValmontのレストランのお話です!お楽しみに!

 

2016年11月 1日 (火)

11周年、有難うございます!

本日11月1日(火)は、3日(木)の振替でお休みいただいております。

3日(木)祝文化の日は昼夜営業いたしますので、よろしくお願いします。休みのイメージが強く、まだ、昼夜空席ございます!是非、ご来店ください。

そして、11月4日(金)は、お店を始めて丸11年となります。お客様にいろんな事を教えていただき、少しずつ、成長させていただきました。皆様のお蔭で、お店を続けてくることが出来た事、心より感謝しております。今後とも宜しくお願い致します。

<Franceにて>Étretat

ノルマンディ地方出身のフランス人のお客様に「ノルマンディで一番お薦めの場所は?」と、うかがったところ、迷わず「Étretat」というお返事でした。「雨だったら悲しいけれど、晴れの『Étretat』は最高だよ!」とのことでした。ですので、絶対に行きたいと思っていました。

Dsc04825「Étretat」に到着すると、苦労したのが駐車場。ヴァカンスシーズン終盤と言えど、さすがに、観光地です。あちこち、広い駐車場があるのに、どこもいっぱいなのです。なんとか、探すことが出来、街の方向に向かいました。

Dsc04827街中は、程よく、お店もあり、活気があり、心地良い感じ。可愛い街並み。天気は抜群!!

Dsc04835Dsc04836軽~い朝食から何も食べていないので、15時ともなると、お腹がぐーぐー、鳴り始めました。行列のできている美味しそうなスタンドのクレープリーを発見!こちらで、ハムとチーズの大きなガレットを1枚購入。抜群の焼き加減!Super!!とろりと美味しいfromageにたっぷりのjambon!美味しすぎです!夕食を美味しくいただく為に、2人で半分ずつ。腹6分目。このくらいにしておきます。

Dsc04832Dsc04830Dsc04840Dsc04851Dsc04853Dsc04855Dsc04842
Dsc04849Dsc04856程よい腹ごしらえが終わって、Falaise d'Avalと Falaise d'Amonの二つの断崖に挟まれた1.5kmのビーチを抜け、アヴァル断崖の上まで上ります。お薦め通り、ここに来て本当に良かった!絶景でした。上には広ーいゴルフ場もありますし、のんびりピクニックできるような場所もあります。もちろん、ビーチも非常に美しく、良い感じ。日本だと、こういう有名な場所は、変に俗化されてしまいがちですが、そうじゃないところがフランスらしい。やっぱり、フランスは良いな。みんなが普通に気軽に楽しめるよう工夫されているな・・・。こういうところを日本も見習ってほしいといつもいつも感じる私たちでした。

Dsc04857「Étretat」お薦めです!ノルマンディに行かれたら、是非、「Étretat」に行って、断崖の上まで登ってみてください。モネやクールベ、ブーダンなどの作品が観たくなりますよ!Merci,Rémy!

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »