« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月30日 (月)

今週末より!

1月も終わり。早いですね。2月と言えば、バレンタイン。全国各地から有名ショコラティエのショコラがデパートにずらりと並び、お好きな方にはたまらないですね!

ラニオンでも、この時期はバレンタインにちなんだショコラのデセーを毎年準備しています。只今、試作中で、今週末から、ご用意できる予定です。いつもに比べると、若干、意表を突いたデセーかな?次回のブログで、チラ見せ写真をアップできると思います。お楽しみに!

Imageこちらの写真は最近のディネの前菜より。季節の真鱈白子を使った前菜。好きな方はたまりませんね!私も大好きです!

~Fraceにて~Deauville

Dsc05167Honfleurを出発。

Dsc05192Dsc05193Dsc05195Dsc0519620分ほど、車を走らせて、映画「男と女」の舞台で有名なDeauvilleに少し立ち寄りました。

Normandy地方の中で、Le Havre、Honfleur、Étretat、Deuvilleなど名前を聞いたことある方、行かれたことのある方、いらっしゃいますよね。同じ、Normandy地方でも、実際行ってみると、街によって、全く雰囲気が違いました。Le Havreは近代的な雰囲気、Honfleurは可愛らしく、童話に出てきそうな観光地、Étretatは観光地だけれど街も可愛く、自然も豊かで画家に愛されたのが納得できるような街、そして、Deuvilleはなんとなく、セレブでお金のかかっている街という印象でした。他にも素敵な街が沢山ありますが、それぞれ、印象が違うのでしょうね。今回の中で、個人的には、Étretatが一番好きでしたね!

Deuvilleの朝、マルシェもやってたので、ラッキー。

Dsc05169Dsc05170Dsc05171Dsc05172Dsc05174Dsc05190Dsc05173Dsc05175Dsc05176Dsc05191お値段、ちょい、高めですが、質の良い品揃え!さすが、Deuvilleのマルシェだーー!と思いました!

次回は、目的の一つ、Salon de théのお話です!



















2017年1月24日 (火)

Gibier

1月も半ば過ぎ。早いですね。人気のジビエ、「岐阜県産網採りサルセルのロースト」のご予約、多数いただいております。限定数の枠が残り僅かとなってまいりましたので、ご希望の方はお早めにご連絡ください!

Image_2写真は近頃好評のディネの前菜。「帆立貝、イカ、カリフラワーのサラダ」生やムースにしたカリフラワーを魚介と合わせて、カリフラワーを美味しくいただける私も大好きな一皿です。

~Franceにて~Le Bistro du Port

Honfleurの夜。この日は、予定を決めず、郷土料理を食べよう!という日。港の側にずらりとお店が並んでいますが、どちらかというと、観光客向けな雰囲気。いい加減に入ってしまうと、失敗しそう・・・・。ホテルのムッシューにお薦めを聞くことにしました。そして、教えてもらったお店に「On y va!!」

Dsc05137港から、少し離れた場所。「LE BISTRO DU PORT」到着!なんか、よさそうな雰囲気!

Dsc05141Dsc05143アペリティフにはノルマンディの食前酒、Pomeauを。Dsc05146Dsc05151続いて、お手頃な白ワインPuilly-Fuméと、ミネラルウォーターBadoit。カジュアルな感じも楽しいな。

前菜2品、メイン2品を頼んで、2人で半分ずつ食べる事にしました。

今日はSoupe de Poissonが食べたい!ということで、注文しました。そこで、注意事項を思い出しました。日本人は、スープは熱々が好きです。でも、フランスでは、日本人的な熱々というよりも、熱いかな位のスープ(→酷い時にはぬるいスープ)が出てくることが多く、こういったスープを注文するときは、熱ーーくして欲しい事をあえて、強調して言ったた方が良いと思ったのです。

Dsc05147言ってよかった。「Attantion!!!Très très chaud!!!」と大げさに大声で言って運んできてくれました。まるで、ぐつぐつと吹きこぼれそうな鍋焼きうどんを運んできてくれるかのように。でも、日本人的には、そこまで大げさに言うこともない程の熱々で、鍋焼きうどんの様ではなかったです。もし、お願いしていなければ、なんとなく熱いかな~位のスープ・ドゥ・ポワソンをいただく事になっただろうなという感じでした~、熱々好きの私達は大げさにお願いして本当に良かったと思いました。

Dsc05148もう一つの前菜はFondue camenbert salade vert ノルマンディならではのサラダ!丸ごとのカマンベールを温め、とろりとさせた物にサラダが添えられてきます。これが、なんとも美味しかったーー。なかなか、現地の美味しいカマンベールをこんなに贅沢に日本ではいただけませんね!

Dsc05149

Dsc05154続いて、メインはRaie à la Normande エイのクリームソース エイのだし汁にレモンをしっかりきかせたクリームソースです。さすが、ノルマンディだけあってしっかりのクリーム!私にはキツイかな・・・。乳製品大好きのシェフにお願いしました~。

Dsc05155Tripe à la mode de Caen カン風のトリップ。 こちらは、注文した時、かなり、癖があるけれど、大丈夫か?とサーヴィスのムッシューが心配してましたが、チャレンジしたいといって、地元料理をいただきました!確かに、トリッパの匂いが気になる方は苦手かもしれないけれど、その独特の味わいが癖になる感じ。私はこちらのメインの方が断然好み!クリアなスープとトリッパの味わいがたまらなく美味しくて、私は、非常に気に入りました!シェフはこのトリッパは、ちょっぴり、苦手そうでしたから、ちょうど、それぞれ、いただけて、良かったです。

おなかいっぱいです!今日は、デセーはなしで、caféだけいただいて帰りました!地元料理を堪能させていただきました!Merci!!!

Dsc05156Dsc05159Dsc05163美しいHonfleurの夜。良い雰囲気の街です。























2017年1月17日 (火)

通常営業

年末年始営業後、4連休でリフレッシュ、させていただきました!好きな物を食べて、飲んで、睡眠をとって、久しぶりにゆっくり過ごせた4日間でした!

14日(土)~通常営業です。この時期はゆっくりとしてますので、ゆったりラニオンがお好きな方、是非、ご来店くださいませ!

Imageジビエ<<網採りサルセル(小鴨)>>も、お薦めですよ!2名様~ご予約承っております。

~Franceにて~Honfleur

Honfleurにいらっしゃったお客様は、必ず、すごく可愛い街で、とても良かった!とおっしゃいます。なので、とても行きたいと思っていました。

Dsc05109Dsc05135Dsc05130Dsc05124確かに、おとぎ話に出てきそうな街並み。

Dsc05105Musée Eugène Boudin もあるので、こちらも楽しみでした。こじんまりした美術館で、とても良かったのですが、前日にMusée Malrauxに行ってしまっていたので、若干、迫力に欠けたかな。。。でも、行く事が出来て、良かった!

Dsc05110Dsc05111Dsc05112Dsc05114可愛いお土産屋さんもずらり。Dsc05113観光地的な物ばかりかな?と思いきや、とびきり美味しいお菓子が売っていたり!

Dsc05115実は、Honfleurの目的の一つは、こちらのお店「Sa.Qua.Na」に行きたかったのです。でもでも、改装工事が予想以上に長引いて、断念。(→さすが、フランス・・・)こちらのお店にうかがう為に、このルートを考えたのに・・・残念でしたーー。昨年10月より、再開しているそうです。

かなり、前から、予定を考えていたので、限られた予定の中で、しかも、日曜日、違うプラン考えていくのは大変でしたが、そのお蔭で、Le Manoir Du Lysのhospitalitéにも出会え、良い事がありました!

Dsc05103Honfleurで一番困ったことは、道が非常に狭い事。これまで、田舎道を走り続けていたので、こういった、一方通行だらけの観光地に入ってしまうと、大変!ホテルの駐車場も離れていたので、まず、ホテルの場所を確認して、ホテルに荷物をおいて、車を停めるまで時間かかりましたーー。レンタカーの旅をされている方なら、駐車場苦労わかっていただけますよね!



















2017年1月10日 (火)

連休

本日、1月10日(火)~13日(金)まで、4日間、連休をいただきます。

12月に入り、クリスマス、年末年始と多数のお客様のお越しいただきました。有難うございます。自分達自身、この連休で、少し、休息させていただこうかと思います。

また、リフレッシュして、14日(土)~通常営業です!よろしくお願いします!

Image休み明けは、再び、ジビエ、岐阜県産網採りサルセル(小鴨)が入荷いたします。ご希望の方は、ご予約の際、お申し付けください!2名様~でのご注文となります。

よろしくお願いいたします。

~Franceにて~petit déjeuner

Le Manoir Du Lysのpetit déjejeunerです。

こちらのオーベルジュは清潔感抜群!そして、スタッフの皆さんの爽やかで丁寧、心のこもった応対が印象的でした。皆さん、共通してピリリと姿勢良く、終始笑顔で、気持ちが良いのです。petit déjejeunerは定番のビュッフェスタイルでしたが、一つ一つが丁寧で質が良く、非常に美味しくいただくことができました。Dsc05061Dsc05062Dsc05063Dsc05064Dsc05066

Dsc05068気持ちの良い夏場なら、テラスでのpetit déjejeunerが気持ちよさそうです。この時期は、少し肌寒いので室内でいただきました。

Dsc05069Dsc05070Dsc05072昨夜の夕食をいただいたレストランだったり、受付の空間など、あちこち、清潔で素敵でした。

Dsc05076名残惜しいですが、チェックアウト。最後はマダムと写真を撮っていただきました。こちらのマダムが本当に素敵で、終始優しい笑顔、心のこもった応対、とにかく、素晴らしい方でした。きっと、そういう事が、スタッフの方全員に反映されているのだと強く感じました。チェックインの瞬間から、お部屋への案内、レストラン、朝食、全てにおいて、スタッフの方々気持ちの良い応対、そして、最後のマダムのチェックアウトまで、最高のhospitalitéのオーベルジュ!勉強させていただきました!!

C'était excellent★★★Merci★★★

2017年1月 3日 (火)

Bonne année

Image明けましておめでとうございます!

Image_2ラニオンは年始2日から営業です。クリスマスから年末年始にかけては、特に、多数のお客様にお越しいただいております。この時期独特の忙しさと、達成感と、お客様にお会いできる嬉しさで、楽しく、はりきって、お仕事させていただいてます。

今年が平和で良い年になりますよう心から祈ります。本年もどうぞ宜しくお願い致します!

~Franceにて~Le Manoir Du Lys

Le Manoir Du Lys のディネです。キノコ料理がお得意な1つ★レストラン。

Dsc05025Dsc05026まずは、シャンパーニュとアミューズ。左からオマール海老のクレーム・ブリュレ、フォアグラ・ミモザ、トマトのガスパチョ、ピエ・ドゥ・ヴォーのトースト。どれも、美味しいのです!今後の料理に期待大!Dsc05031パンもセップ風味のパン。Dsc05046ワインはソムリエールが迷わず進めてくれたこちら!Domaine VacheronのSancerre!これが、抜群に美味!ブルゴーニュもいいけれど、フランスにいると、ロワールのワインが本当に美味しくって、好き!お料理にも合わせやすいし!

Dsc05032一皿目、2人とも「Le Homard」を。オマール海老やトマト、卵などを使った爽やかで、上品な一皿。

2品目にはキノコ料理を選択。シェフはこちら。「Les Oronges」卵茸。バジル、オリーヴオイルやゲランドの塩でシンプルな一皿。Dsc05034

Dsc05035私は、こちら。迷いなく決めてました!「Les Cèpes Bouchous Thym/Laurier」こういうのが食べたかったーーー!タイムやローリエの香りのシンプルなセップ茸のソテーをいただきました!!これは、贅沢ーー!!美味しいに決まってますね!C'était excellent!!!

Dsc05039シェフのメイン。「Le Saint-Pierre」シンプルなお魚には仔牛のジュのソースと玉ねぎやポレンタなどを使った楽しい付け合わせ。

Dsc05040私のメイン「Le Veau」しっとりと火入れされた仔牛にはヴェルヴェーヌの香り。お米のクロケットにほうれん草の付け合わせ。軽めのマスタードソースが別添えで。

Dsc05048アヴァン・デセー。ノワ(クルミ)のサブレにパンプルムース(グレープフルーツ)のムースやコンフィチュールなど。組み合わせがとても合っていて爽やかで美味しかったです!!

Dsc05049シェフのデセー。こちらのスペシャリテ。キノコのデセー。シャンピニオンのマカロンにジロールのソルベ、そして、甘く煮たトランペットやジロール茸。ただ、日本人にはどうでしょう・・・。せっかくのトランペットやジロール、、甘くない方がやっぱり、好きかもーー。すみませんー。

Dsc05051私はこちら。フィグとショコラのデセー。甘い物好きの私も、、結構しっかりとした甘さと満腹の為に、全部は食べきれませんでしたー。ごめんなさーい。

Dsc05052Dsc05060ミニャルディーズ美味!苺のパート・ドゥ・フリュイ、キャラメル、サブレ・ノワゼット&ブール・サレのクレーム!Caféで〆!もうお腹がいっぱいです。

 Dsc05056Dsc05057あちこちに飾られたお花のセンスがよく、素敵なレストランでした!






























« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »