« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

歓送迎会などなど・・・

2月も今日で終わり。なんて早いんでしょう。

Image歓送迎会などのご予約も増えてきました。仲の良いグループのお集まりは楽しいですね。先日は歓送迎会とは別ですがマダム13名様の貸し切りパーティ。非常に楽しんでいただけたご様子でよかったー!

お店の席は、入り口入って左側に8名様、右側に6名様分のお席がございます。普段は1テーブルずつ離していますが、団体様の場合、席をつけて、1列にお並びいただいています。9名様、10名様になりますと、お席が離れるか、少し狭くなりますが、8名様分のテーブルに椅子をつけて、10名様までは1列並びが可能です。それ以上になりますと、席が分かれます。

貸し切りに関しましては、12名様より承っております。14名様までがスムーズに着席いただけますが、椅子をおつけするなどして、16名様までは、ぎりぎり、ご用意が可能です。17名様以上でのご予約は承っておりません。内容等、ご相談ございましたら、どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、ご相談のお電話のお時間ですが、できれば、AM9時~11時、PM15時~17時半、PM22時以降など、営業時間外にお願い致します。小さなお店ですので、営業中は、電話にでる事ができなかったり、詳しくお答えできない可能性がございます。どうぞ、よろしくお願い致します。

Image_2さて、写真は、最近の前菜より、3種類のお肉のテリーヌです。密かな人気メニュー、私も大好きな1皿です。

Franceにて~ Le Mascalet petit déjeuner~

Dsc05254Dsc05255Le Mascaletのpetit déjeuner。明るい日が差し込み気持ちが良いのです。Dsc05249


Dsc05250Dsc05251Dsc05259Dsc05267シンプルなpetit déjeuner。一つ一つが、美味しいです。ワゴンでサーヴしてくれます。ブール(バター)もコンフィチュール(ジャム)も、とっても美味しいから、ついつい、パンを食べすぎてしましました。

Dsc05256もちろん、希望を言えば、卵料理をその場で作ってもらったり、数種類のフロマージュなども注文できますが、今回、パスしました。

Dsc05268最後にまるで、おちょこの様な小さな入れ物にでてきたトロリ濃厚なショコラ。美味しかった~!

Dsc05222チェックアウト。こちらのお店お得意のチャツネや、スパイス、オリジナルの塩なども販売されています。試食などはないし、瓶で荷物になるので、1つだけ、ベルガモット&カルダモン風味の塩を試しに買ってみました。これが、とーーても美味しい塩で、もっと買ってくればよかったと後悔しました。

Imageアクセントにパラリ、ひとふり、très très bon!!

マダムに挨拶したかったけれど、SPAもマダムがされているので、バタバタされていて、お話できず、残念でしたね。

さあ、いよいよ、ブルターニュ方面に出発です!

2017年2月21日 (火)

Cake

ImageImage_3Image_4Image_5秋から準備しておいた丹波栗の渋皮煮。秋の栗のデセーと重ならないよう、渋皮煮入りケイクは最近始めました。食後のcaféのお供にお楽しみいただくためのふわりとラム酒の香るケイクです。最後、何気につまんでいただいた時に、「これも、なんだか美味しいね!」と感じていただけたら嬉しいなと思っています。

Franceにて~Le Mascalet dîner ~

Dsc05226Le Mascalet dîner が始まる~。お魚料理の得意なシェフということで、非常に楽しみ!まずは、クープ・ドゥ・シャンパーニュを!

Image

Dsc05231アミューズは牡蠣。周りには玉ねぎベースの牡蠣のソース。上のチュイールはココとノワゼット風味。唾が出るほど、美味しいのです。

Dsc05234さっき、良い香りのしていたパン。

ワインの写真は撮り忘れましたが、大好きなアンリ・ブルジョワのサンセール!フランスでいただくロワール地方の白ワインはなんて美味しいのでしょう!お料理にもぴったりです!


Dsc05235噂には聞いてましたが、こちらのブール(バター)や香辛料のプレザンタシオンが素晴らしい!その場でノルマンディの新鮮なブール(バター)を練って、サーヴ、続いて、Dsc05236数種類の中から好みの胡椒を選ぶと、その場で潰してくれ、好みの塩、チャツネなどと共に、美しく盛り付けられ、テーブルの中央におかれます。これは、エピスがお得意なブルガリア人のマダム・ナディアのチャーミングで素敵なサーヴ!これらをお料理やパンに好みで合わせていただくのが楽しい!こういうの、いいなあ。

さて、前菜です。

Dsc05238Image_2フォアグラのミ・キュイ。新鮮な質の良いフォアグラって、なんて美味しいのだろう。パン・デピスが添えられ、4種類のエピスと無花果のチャツネのマカロンにムタード(マスタード)のソルベ!たまらぬ組み合わせ!ワインが進みます。

もう一品、前菜、

Image_3ラングスティーヌのナージュ。ラングスティーヌがうすい大根に巻かれており、ラングスティーヌのヴルーテです。プティ・ポワ、アリコ・ブランの付け合わせ。底には、アーティショー。日本人には、ちょっと、不思議だった一皿。

Dsc05242メインは平目の低温調理。火入れ抜群。可愛らしいお野菜の付け合わせにシャンパン風味のソース。周りの赤いソースはベットラーヴ。王道なお味!さすがに美味しい魚料理でした!

Dsc05243続いて、シャイヨ・フロマージュ。主にノルマンディ地方のフロマージュです。

Dsc05245選んだのは、写真左からリヴァロ、林檎のコンフィチュール、ヌーシャテル、カマンベールの順です。ノルマンディ地方のフロア―ジュって、好きです!


Image_4デセーは決まっていてケイク・オ・シトロンにオランジュのセッシュ(乾燥させたオレンジ)やフランボワーズ、麦やピスタッシュのミューズリー、ソルベはフランボワーズとヴァン・ルージュ風味。

お腹一杯!ご馳走様でした!そして、全てのテーブルに、細部まで目が行き届いて、楽しませてくれるマダムのサーヴィス、とても勉強になりました!Merci!!!

 

2017年2月14日 (火)

Chocolat dessert

本日2月14日はヴァレンタインデー。最近は、贈り物というよりも、自分へのご褒美に美味しいショコラを購入される方が多いのでしょうか。

Image当店のヴァレンタインに因んだショコラデセーも非常に好評です!デセー好きのお客様は勿論の事、甘い物苦手なお客様にも喜んでいただいているのが、また、嬉しいです!中でも、ほろ苦い大人味のアイスクリームが大人気です。

今回はいつも以上に、シェフが何度も、何度も試作して、考え直して、ようやく仕上がったデセーなので、皆様の美味しい笑顔を見ることができると、嬉しさも一入です!2月、しばらくの期間、ディナーにて、ご用意していますので、是非、ご来店くださいませ!

Franceにて~Le Mascaret~

2時間ほど、西へ車をとばし、ノルマンディ地方と、ブルターニュ地方の中間点にやってきました。Blainville-Sur-Merという小さな街にある1つ星レストラン「Le Mascaret」というオーベルジュが目的です。

ノルマンディでは、曇りがちな天気が多かったですが、この日からぐんと天気が良くなり、調子が出てきました!どうやら、私たちは、ブルターニュに近づいてくると、運気があがるような!!

Dsc05208Le Mascaret」に到着しました!

Dsc05209表のメニュー版。何が、食べられるのかな!ワクワク!

チェックインは16時なのですが、鍵が閉まっていて中に入れません!!どうしたんだろう?ここはフランス、時々あることですが、ちょっぴり不安。。。

Dsc05223Dsc05222すぐ横の調理場から、若いスタッフの男の子が出てきましたので、名前を告げると、電話でマダムを呼び出してくれ、チェックインをすることができました。ホッ。

Dsc05227ラヴリーで清潔感があるオーベルジュです!


Dsc05221Image_2お部屋から中庭のテラスにつながっていて、気持ちが良いのです。Image_3Imageマダムの女性ならではのセンスがいたるところに感じられました。

しばらくすると、クンクン!!!良い香り~。見に行ってみると、レストランのすぐ横のスペースに、焼き立てのパンが~!!美味しそーー!Image_4Image_5夕飯が楽しみ!

2017年2月 7日 (火)

La Saint Valentin

Image早くも2月です。ヴァレンタインに ちなんだ新作デセーが始まりました。普段と若干、違うイメージですが、大好きなお菓子をお皿の上で表現してみました!写真はチラ見せ。生地自体を、組み合わせを、ほろ苦さと程よい酸味を、お楽しみくださいね!今年は、大人っぽいデセーに仕上がりました!甘い物好きな方も、苦手な方でもOKかも!私は、かなり、好きです!皆様のご来店をお待ちしております!

Franceにて~DUPONT AVEC UN THÉ~

Deuvilleに立ち寄った目的の一つがこちらのSalon de thé。老舗中の老舗です。この周辺に4店舗お店があります。

Dsc05177Dsc05182お店のイメージカラーは可愛らしい水色。

わくわくしながら、お店に入り、お菓子を選びます!フランスの伝統菓子がズラリ。Dsc05179Dsc05189

Image_3Deuvilleのど真ん中。立地条件抜群。

Image_5Dsc05183王道好きのシェフはパリ・ブレストを。さすが、バターの本場ノルマンディ!濃厚なお味です!

Dsc05178Image_6欲張りの私はCafé dégustation Dupont。いろいろな小菓子が楽しめるmenu。この中に入っていたサブレがとーっても気に入りました(^^♪

Dsc05186Image_7お砂糖の入れ物も可愛いなーー!嬉しい時間です。
Dsc05188店内は、買いたいお菓子がずらり。でも、まだ、道のりは長いし、お菓子が壊れても困るし、、、とにかく、気に入ったサブレを購入!Image_2こういう、さもない楽しみが嬉しい。帰国後もこの場所を思い出し、フランスを味わえますね!





« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »