« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月24日 (火)

ホワイトアスパラ

4月も終間近。随分、暑くなりましたね。

Imageホワイトアスパラの季節です。写真は近頃のディナーの前菜より、「フランス産のホワイトアスパラと貝類のマリネ、サラダ仕立て」です。季節の食材をマリアージュした初夏に最高の一皿です。ロワールのきりりとした爽やかなワインといただきたいですね!

ゴールデンウイークも近づいてまいりました。5月3日(木)、4日(金)はランチ、ディナー共、営業しております!皆様のご来店、心よりお待ちしております。

~Franceにて~Cahors

Chaude-AiguesからにCahors到着!長い道のりでした。シェフ、運転、お疲れ様!

レストランが続いていたので、今日は、少し休憩。といっても、和食や中華を食べに行ったり、持ってきた日本食材を食べるという事は、しません。マルシェでフランスのお惣菜と気軽なワインを買って、ホテルで食べよう!という日です。

Dsc06550Cahorsといえば、Pont Valentré(ヴァラントレ橋)があまりにも有名。その姿は圧巻です。Dsc06554今回、その橋が、目の前に見えるホテルに宿泊しました。ホテルに着いたとたん、素晴らしいhospitalitéのムッシューが出迎えてくれました。Chaude- AiguesからSt-Cirq Lapopieに寄って、ここまで来たというと、あまりのハードスケジュールに驚いておられましたが。ロビーで冷たいお水をいただいた後、部屋に案内してもらいました。Dsc06539Dsc06540清潔で快適なお部屋に素晴らしい景色です。

この日は37度を超える猛暑日。喉がカラカラでひっつきそうでした。Tシャツを手洗いで洗濯し、ベランダのベンチに干しておいたら、1時間で乾きました。

Dsc06549部屋の前はロット川。子供たちが水浴びしてましたね。

ひと休憩後、買い物に繰り出します。部屋は涼しく、天国の様でしたが、いったん外に出ると陽炎が浮かぶほどの暑さでした。

Dsc06562Dsc06559Dsc06565ちょっとした常設市場で、夕食の買出し!少しずつの注文には冷たくされることもありますが、ありえないくらい優しく、親切なマダムでした。

Dsc06556Dsc06569Dsc06570続いて、Cahorsワインを。黒いワインと言われているくらい濃厚なワインです。普段いただくことは、まず、無いです。せっかく、この地方にいるので、この地方のワイン飲もうという事に!いくつか試飲させていただけるお店に行き、1本買いました!こちらのマダムも親切だった―!皆さん、本当に親切です。

私は、2回目のCahors。1度目は2001年、ワインも全くわからないバックパッカー、一人旅の時。このお店が気になりながら、バスの時間に追われて出発したことを思い出しました。シェフのリクエストで、Cahorsにまた、来ることが出来て、良かったです!











2018年4月17日 (火)

好きな色

青みがかったベビーピンクは昔から大好きな色。約8年前は、お店の壁の色もこのピンク色でした!懐かしい~。

Imageお花は特に好きです。薔薇、芍薬、カーネーションなど、この色を見つけると飾りたくなります!

Image_3フランスに行くと、この色の素敵なお花がとっても多い気がしますー。昔、パリのお花屋さんでこの色の芍薬のブーケを作ってもらい、ホテルの部屋に飾ってました。

Image_2シェフの母が描いてくれたこの色の薔薇の絵もとても気に入っています!

ただ、最近の洋服は、すっかりモノトーン。昔よく来ていた青みピンクや綺麗なグリーンも、すっかり、着なくなってしまいましたね。その分、お花やちょとした小物類は、この色達に反応しちゃいますけれど。

さて、新緑の気持ちの良い季節になってきました!ゴールデンウイークも今の所、お席に余裕がございます。ご予約お待ちしています!

5月3日(木)、4日(金)は、ランチ、ディナー共、営業します!(2日(水)が振り替えでお休みです。)よろしくお願いします。

~Franceにて~St-Cirq Lapopie

Dsc06513St-Cirq Lapopieは、フランスの最も美しい村の1つ。2001年バックパッカー1ヶ月1人旅の時、フランス人の方に絶対に行くべき場所として薦められ、1人バスに乗って行った頃が懐かしいです。1日に1~2本くらいしかないバスに乗り、辿り着いた時の感動は忘れられないものでした。今思うと、あの頃は時間もあったし、何かとチャレンジャーでした。

Dsc065162012年、シェフのリクエストで、2度目のLapopie。シェフはあまりの美しい景色に感動してました。そして、シェフが、もう1度、どうしても行きたいというので、今回、私は3度目のLapopie。Lapopie3度目は、珍しい日本人かもしれません。でも、何度訪れても、溜息が出るほど美しい所ですね。Dsc06518Dsc06521Dsc06535Dsc06532Dsc06533車がなくても、Figeacから、バスが出ています!ケルシー地区にいらっしゃる方は是非、寄ってみてください!

 

2018年4月10日 (火)

ゴールデンウイーク営業のご案内

早いもので、ゴールデンウイークが近づいてきました!

ゴールデンウイーク期間中、通常の休みが変動しますので、よろしくお願いします。

★5月3日(木)、4日(金)は、ランチ、ディナー共、営業します!

振り替えで2日(水)にお休みをいただきます!

5月の詳しいお休みに関してはこちらをご覧下さい!

Image_8写真は、ラパンと地鶏のテリーヌです。季節のクレソンや、小玉ねぎの自家製ピクルスなどを添えて。ラニオンのテリーヌは、根強い人気メニューです。

~Franceにて~Serge Vieira⑧

Image_7朝がやってきました。

Dsc06476テラスからの眺めが気持ちよすぎです。

こちらの朝食が、とっても美味しかった印象があるので、楽しみでした。

Dsc06495美味しいpainやyaourtがずらりと並びます。

Dsc06496全体はこんな雰囲気。

Image_4美味しいbeurreに

Dsc06497少しfromageもいただきました。

Image_6yaourtにはvanilleがたっぷり!

Image_5幸せなpetit déjeunerでした。

サーヴィスしてくれた女の子と5年前にも来た話をしていたら、5年前だったら、私、7年目だから、いたはずですよってことになり、なんとなく、彼女もうっすら覚えてくれていて、そう言えば、彼女にpetit déjeunerのサーヴィスをしてもらったことを私も思い出し、なんだか、嬉しい気持ちになりました。

Dsc06504異空間のこちらはお買い物コーナー。こちらで使っている花瓶など、とてもセンスが良い物が売っているので、以前も2つほど購入して、重宝しています。今回も1つ、いただきました!

Image マダムと記念撮影。また、マダムに会いに来たいですね!

お土産に美味しいマーマレードいただきました!Dsc07402


Merci beaucoup★★★

À la prochaine!!

2018年4月 3日 (火)

春色

桜の開花が早まり、かつ、晴天で、お花見日和が続いてますね!桜が大好きな私は、花粉にもめげず、お散歩したくなるので、先日のお休みは、よく歩きました。

Image_11木屋町や鴨川の桜と柳のピンク&グリーンのコントラストが上品で好きです。うすい ピンクの桜に柳、合うなあ、美しいなあ、と毎年うっとりしています。

Image_14何年ぶりかに、二条城にもいきました。桜の種類も多く、素晴らしかったです。

椿も見事でした。私は、椿の中では、乙女椿がダントツに好きです。まるで、薔薇みたい!お花と葉のバランスも好き!Image_12乙女椿は、自宅でも育てたいなと思っているくらいです。

Image_13春はお花が綺麗でウキウキします。お店にも自宅にも、お花をあちこちに飾りたくなりますー。

Imageディネのデセー、苺のタルトも先週末から始まっています!お陰様で、ご好評いただいております!是非、ご来店ください!

~Franceにて~Serge Vieira⑦

最後はデセーです。こちらは、デセーも細かいお仕事

Sur un sablé mais, comportée d'abicots a l'amande amère, citron confit et crème glacée aux batons de réglisse

様々な形で杏子が表現されています。

Dsc06464トウモロコシ風味のサブレが土台。左から杏子のシートでパンナコッタを巻いたバトン、杏子のピューレを柔らかく固めたバトン、リコリス風味のクリームにレモンのコンフィや香ばしいアーモンドをまぶしたバトン、杏子のピューレを柔らかく固めたバトンが4列に並んでいます。グラスはリコリスとアーモンド風味。複雑で手が込んでいて、季節感たっぷりのデセーでした。

Dsc06465ミニャルディーズ。これが、また、最強に美味!

Image_6カヌレ生地が土台、ライムのクリームに、メレンゲ。

Image_5パンぺルデュが土台。サブレ、ヴァニラクリーム、フランボワーズ。

Image_4グレープフルーツのパート・ド・フリュイとヴァニラのギモーヴの渦巻き。(可愛く、めちゃくちゃ美味しい!)

Image_3ショコラとミントのルリジューズ

Dsc06466全てが、溜息が出るほどの丁寧なお仕事です。

Image_9もう一皿ミニャルディーズ、丸く棒の刺さっているのは、エスキモー(ヴァニラのグラスにショコラ)、手前はレモンのマドレーヌ、奥がガトー・オ・ショコラの上にピスタチオのクリームとピスタチオ。

Dsc06468caféで〆ます!

ご馳走様でした!美味しい物はいただけるものです!大満足!

こちらは、スタッフの方も多々いらっしゃいますが、マダムが本当に心を込めてサーヴィスされていて、マダムに会いに来たくなるお店です!お料理はもちろんの事、マダムのサーヴィス、勉強させていただきました!また、伺いたいです!

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »