ラニオンのお客様

2018年9月11日 (火)

Fruits d'automne

Cf97b981cbc34e37a3aff04f6ee5e9d5葡萄の美味しい季節ですね!

Abcf39f617a04cecb88fef9727b2cd0cFdd9494d1ab4445f91700da5997f8ded大粒の葡萄がフルーツの中で、一番好き!フルーツとしていただく葡萄に関しては日本の葡萄が最高!

Fdff5fce11fb451c8d985768b6322834ラ・フランスも美味!私は和梨より洋梨が断然好きですーー!こちらも、大好物!

シェフはこういった秋のフルーツで美味しいデセーやお料理のアクセント使いなど、いろいろ考えております!お楽しみに!

Af834bf1ece84e4891d036b2b009addfさて、先日、久しぶりに、高校時代の親友と、仲良しのレストランに行き、ゆったりと楽しく美味しい時間を過ごすことができました。学生時代の心おけない友人と過ごすのって、何年ぶりだったでしょうか。学生時代に戻れて、本当に楽しくて、こういった時間って大事だなーと思いましたね。

中学、高校は思いきり地元(近衛、洛北)です。どちらも、楽しくて、卒業するのが嫌でしたね。この間から、高校時代の友人と偶然、Facebook etc...で繋がったり、お客様つながりで、メッセージ交換したりして、嬉しい気持ちになりました。

1人は、ローマ在住で、ワインや食に携わるお仕事のMちゃん。Facebookの他の方のコメント欄など、まず、見る事ないのに、たまたま、興味があって見ていたら、Mちゃんを見つけて、即、メッセージを送りました。連絡取り合えた時は、嬉しすぎました!お洒落で、憧れの女子でしたが、さすが、ますます、かっこよくなってましたーー!ゆっくり、会って話がしたいです!

7368e9f0c23b4ed0bbcce2a525d5c6051人は共通のお客様も多い、沖縄波照間の「みんぴか」店主Hくん。先日、仲良しのお客様が偶然、波照間にいらっしゃって、Hくんから、、沢山のお土産を預かってきてくださいました!黒糖、波照間の希少な焼酎、奥様作の可愛い葉書!愛情、こもってるわー!Merci!!!

20年以上たっても、学生時代の友人とは、すぐに昔の感じに戻れますよね。

当店にも久しぶりー!と言って、学生時代からのお友達等とお越しいただくお客様が多いので、そういう、楽しい時間をラニオンで過ごそうと思っていただける事、こんな嬉しい事はないなーーと改めて思いました。

是非、久しぶりのお友達ともお誘いあわせの上、お越しくださいね!皆様の楽しそうな笑顔、楽しみにお待ちしております!

Franceにて~Le dimanche matin~

日曜日の朝は、つい、ビオマルシェに行ってしまいますね。観光客が多いとはわかっているのですが、やはり、Bioの野菜やお花達を見に行きたいのです。Dsc07157Dsc07159Dsc07171見るからに美味しい色とりどりの野菜達。

Dsc07161この芍薬可愛すぎません?気に入りすぎて、今年の年賀状に使いました。

Dsc07173一目で美味しそうと思ったマンゴーのドライフルーツ!これ、大ヒットでしたー!買って帰り、お店でも使いましたが、美味しすぎて、即、なくなりました。

Dsc05630HUGO&VICTOR 日本にもありますが、こちらのフィナンシェが好きで、必ず、買いに行きます。上質なアマンドの香りとバターの良い香り、ふんわりとざっくりした焼き具合がたまりません。ナチュールのフィナンシェはもちろんの事、季節のフルーツのお味や、ショコラ味など、どれも美味しい!特にフィナンシェ・オ・ショコラが一番好きですが、ない時が多いので、あれば、超ラッキー!

Dsc07177帰りの飛行機のおやつ用、この日のディネのデセー用に購入!最終日、日曜日はラストスパート、パトロール!musée にも行かなきゃいけないし、大忙しーーー!











2018年4月17日 (火)

好きな色

青みがかったベビーピンクは昔から大好きな色。約8年前は、お店の壁の色もこのピンク色でした!懐かしい~。

Imageお花は特に好きです。薔薇、芍薬、カーネーションなど、この色を見つけると飾りたくなります!

Image_3フランスに行くと、この色の素敵なお花がとっても多い気がしますー。昔、パリのお花屋さんでこの色の芍薬のブーケを作ってもらい、ホテルの部屋に飾ってました。

Image_2シェフの母が描いてくれたこの色の薔薇の絵もとても気に入っています!

ただ、最近の洋服は、すっかりモノトーン。昔よく来ていた青みピンクや綺麗なグリーンも、すっかり、着なくなってしまいましたね。その分、お花やちょとした小物類は、この色達に反応しちゃいますけれど。

さて、新緑の気持ちの良い季節になってきました!ゴールデンウイークも今の所、お席に余裕がございます。ご予約お待ちしています!

5月3日(木)、4日(金)は、ランチ、ディナー共、営業します!(2日(水)が振り替えでお休みです。)よろしくお願いします。

~Franceにて~St-Cirq Lapopie

Dsc06513St-Cirq Lapopieは、フランスの最も美しい村の1つ。2001年バックパッカー1ヶ月1人旅の時、フランス人の方に絶対に行くべき場所として薦められ、1人バスに乗って行った頃が懐かしいです。1日に1~2本くらいしかないバスに乗り、辿り着いた時の感動は忘れられないものでした。今思うと、あの頃は時間もあったし、何かとチャレンジャーでした。

Dsc065162012年、シェフのリクエストで、2度目のLapopie。シェフはあまりの美しい景色に感動してました。そして、シェフが、もう1度、どうしても行きたいというので、今回、私は3度目のLapopie。Lapopie3度目は、珍しい日本人かもしれません。でも、何度訪れても、溜息が出るほど美しい所ですね。Dsc06518Dsc06521Dsc06535Dsc06532Dsc06533車がなくても、Figeacから、バスが出ています!ケルシー地区にいらっしゃる方は是非、寄ってみてください!

 

2018年3月20日 (火)

巣立ちの春

随分春めいてきました。近くの道路脇で早くも桜が咲いているのを見つけて、驚いてしまいました。今年は桜の開花が早そうですね。写真は、お客様が丹精込めて育てられたお花。ラナンキュラス、雪柳、数種類のクリスマスローズ、白い水仙です。なんて可愛いのでしょう。私なりの素人な活け方ですが、お店のあちこちに飾らせていただきました!Merci★★★ImageImage_2Image_3

店内のポスターも春気分のお気に入りのものに張り替えました。Image

巣立ちの月といいましょうか・・・・お子様が、この4月より、大学生や社会人になられるので、合格祝いや、就職祝・・・といったご家族のお集まりが非常に多い3月です。幼少期からラニオンにお越しいただいていたお子様達が、すっかり成長されたお姿を拝見すると、時の流れを感じます。その成長が嬉しいような、なんだか淋しいような・・・不思議な感じです。でも、とにもかくにも、大切なご家族でのお食事をラニオンで!と思ってくださることの喜びをかみしめている次第です。

今後ともよろしくお願いします。

苺のデセーのご案内は、しばしお待ちくださいませ。只今、試作中でございますーー。

~Franceにて~Serge Vieira⑤

1皿目の前菜。

Dsc06447Langoustine fumée au bois de hêtre, crème de fenouil et gelée de pommes au sureau

美しい一皿。ブナの木の香りでスモークされた手長海老。ウイキョウのクリームとニワトコの花の香りの林檎のゼリー。

お皿全体にニワトコ風味の林檎のゼリーがしいてあります。ミ・キュイの手長海老が良い感じ。ウイキョウとニワトコの香りでフランス感たっぷりの前菜です。

Dsc06448自家製のカンパーニュ。

2皿目の前菜

Dsc06451Bonbons de chou tendre au foie gras et champignons, consommée de girolles, pousses acidulées

Dsc06450Dsc06449

2皿構成です。1つは、柔らかいフォアグラのカナッペ。ハーブがきいてます。1つはジロル茸のコンソメにジロル茸とシャンピニョンデュクセルが葉で巻かれた物が入り、酸味のある葉がアクセントになっています。大好物のジロル茸。そのコンソメのお味は素晴らしいものでした。

Dsc06455ワインはSancerre。フランスでいただくロワール地方のワインがとってもおいしくて、かつ、お料理に合わせやすいので、よく頼みます。好きな造り手の物があったので、それをお願いしたら、今日は、こちらの方がお薦めだと、マダムが薦めてくれたワインです。確かにすべてのお皿に万能なワインでした。現地でいただくSancerreって、好きだわー!

2018年3月13日 (火)

シェフの母の絵

Image暖かくなったと思ったら、急に寒くなったり、着るものに困りますね。春になると思って喜んでもいられず、花粉との闘いの毎日です。

写真は、シェフの母の絵の新作です。いつもと雰囲気が違います。何年も前に描いていた絵をきちんと描きなおしたそうです。「絵を始めた頃は、静物画など、真面目にきちんと描いてたの。」と言ってました。だんだん、自分らしさを出したり、遊び心が入るそうです。母は面白みがないけれど・・・と言って持ってきてくれましたが、私は、上手くて、驚いてしまいました。母の絵も楽しみにしてくださるお客様がいらっしゃるので、母も喜んでいます。

近々、新作デセーもご案内できる予定です。テーマは苺です。お楽しみに!

~Franceにて~Serge Vieira④

Dsc06444Dsc06445気持ちの良いお席でディネの始まりです。

Imageこちらならではの、可愛らしいアミューズ。左側にはまるでお寿司屋さんのようなおしぼりが添えられています。

Image_2右からピエ・ド・コション(豚足)のクロケット。

Image_3ビーツとシェーヴルのタルトレット。

Image_4ラディで包んだソーモン・フュメ。

Image_5 カリフラワーのムース、セロリ風味。

1つ1つが細かい仕事されています。ここに来て良かったー!!!と心から思わせてくれるお店です。

2018年2月27日 (火)

Bon anniversaire★★★

寒さも少しましになってきました。あっという間に2月が過ぎていきます。

ここ最近、お誕生日会でご来店いただくお客様が多いです。土曜日から3日連続、団体様のお誕生日会!大切なお集まりをラニオンで過ごしていただけるのは、嬉しい限りです。

記念日のお客様には、デザートのプレートにお好きなメッセージをお入れできますので、ご予約のお電話の際、ご遠慮なく、お申し付けください。Happy Birthday●●! Bon anniversaire●●!!祝還暦★など・・・。

ImageImage_2店の裏で育てているクリスマスローズの芽が元気に出てきたかと思ったら、ぷっくらと蕾が!春を感じます。嬉しいな。

~Franceにて~Serge Vieira②~

Dsc06415相変わらず良い感じのレセプション。雰囲気の良いオーベルジュです。

Dsc06413お部屋に案内してもらいます。こちらは宿泊のお部屋が3部屋しかないので、随分前から予約しないといけません。確か、最初申し込んだ日が、もう満室で、日にちを変えたらOKだったので、ほっとしました。予約の際、前後の予定などの関係もありますし、メールでのやりとりなど、日本と違って返事が遅かったりetc・・・フランス個人旅計画中は、何かとやきもきすることが多いのです。でも、こちらは敏速な対応でした。

Dsc06409お部屋も清潔で快適!Dsc06406テラスからの眺めも最高です!

Dsc06410そして、お部屋でいただくこちらの焼き菓子が、とっても美味しいのです。幸せ~★★★

この日は、とにかく暑くて暑くて!!!37度位ありました。快適なお部屋に着き、一安心。thé glacé(アイスティ)で癒されました。少し、休憩して、ディネに備えましょう!

2018年2月20日 (火)

美味しいショコラ

厳しい寒さが続きますが、風邪などひかれていませんか?サロン・ド・ショコラも終わりましたが、美味しいショコラは召し上がられましたか?

私達は、有難いことに、フランス帰りの岡山からのお客様や、ショコラマニアの友人から、非常に美味しいショコラをいただき、幸せなショコラ時間をすごしました。

ImageImage_2Image_4まずは、フランス土産、BesançonのショコラティエXavier Brignonのボンボン。とても力強く、1つ1つの味わいがしっかりしていました。パリンとした食感が心地よく、センターの余韻が長く続きます。ぱくりと口に入れた瞬間、Franceを感じ、幸せ一杯になるショコラでした。こちらは、METZのFressonで修行されたXaver氏がBesançon市内から少しはずれたところで始められたお店とのこと。日本人では、初めてのお客様だったようで、えらく歓迎されたとおっしゃってました。1年前、こちらのお店に訪れられて、お味に感動され、今回リピートされたそうです。貴重なショコラ、嬉しいです!フランスのショコラティエ巡り、すごく、したくなりました。

Image_3もう1つはショコラマニアの友人が厳選してプレゼントしてくれた京都福知山「洋菓子マウンテン」NAOMI MIZUNOの「杏子と塩」。こちらは、非常に繊細で、杏子の酸味と死海の塩が独特のマリアージュ。そして、包み込むショコラ・オ・レ(ミルクチョコレート)が優しい。1つ目、2つ目、3つ目といただくたびに癖になっていくショコラで、よく考えられたなぁと感心してしまいました。さすがショコラマニアの友人が選んでくれたショコラだーー!と感激しました。

対照的な味わいでしたが、どちらも心に残るお味でした。Merci★★★

Imageラニオンでも、2月は、カトルカール・オ・ショコラ~ノワール・ムチエの香り~のデセーやってますので、是非、ご来店くださいね!

~Franceにて~Serge Vieira①~

2012年、ミシュラン2つ星昇格されたばかりの年に伺って、感動的だったレストラン。5年ぶりにリピです。

Dsc06427Dsc06432Dsc06425Dsc06422 この風景を見ると、5年前の感動が蘇ってきて、気持ちが盛り上がります!今年も2つ星維持、「Serge Vieira」に到着です!

2018年1月 9日 (火)

幸せ時間

Image2018年、平成も30年かと思うと、平成になったばかりの若かりし頃、懐かしく思い出されると共に、時の流れの速さを恐ろしく感じる今日この頃でございます。

クリスマスから年末年始にかけ、多数のお客様がご来店いただきました。誠に有難うございます。大切なご家族のお集まりをラニオンで過ごしていただけた事、心から嬉しく思います。

シェフ共々、普段の3倍以上の仕事量なんじゃないかと倒れそうになりながら、働いておりましたが、連日、大好きなお客様ばかりのご来店に、疲れも忘れてしまい、笑い飛ばしてしまう位、楽しくお仕事をさせていただきました。

お店を始めて13年目に入りました。まだ、学生さんだったお客様が、ご結婚されたり、出産されたり、時を感じます。そして、その度に報告に来ていただいたり、ご両親との初対面の場所にラニオンを選んでいただいたり、嬉しい事だと幸せに思っております。

色んな事を話してくださったり、報告にお越しくださるお客様が多いので、お客様の歴史や楽しい出来事等、うかがう度にウキウキ、ワクワク!なんて、素敵な事なんだろうと心から嬉しく思っております。

これからも、美味しく楽しい空間のレストランでいられること目標に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

年末年始のドタバタとはうって変わり、1月連休明けから、落ち着いた店内になります。ゆったりラニオンがお好きなお客様、是非、ご来店ください。

Franceにて~Bras⑦~

Dsc06296Brasのディネも終盤に入ってきました。

Dsc06297シャリヨ フロマージュです。どれにするか、迷うー!!!

Dsc06298シェフはこちら。シェーヴル&ブルー。

Dsc06299私はこちら。ハード&セミハード!今回の旅で非常に気に入ったブルビ、昔から大好きなサンネクテール・フェルミエ、ラギオール36か月!最高!添えられたノワゼットのキャラメリゼが良い感じです。

Dsc06300そして、このアブリコ&ノワゼットのパンがフロマージュに良く合うのです。

続いて、デセー。

Les premières cerises de Yannick parfumées au thé des moines fine nougatine de pâte sablée cacaotée, crème mascarpone et thé impérial glacé

Dsc06305生地はカカオ風味の飴に近い薄いヌガティーヌ。この間にマスカルポーネ風味のクリームが挟んであり、驚くほど美味しい肉厚のサクランボのコンポートがゴロゴロと。手前はさくらんぼのソース、奥には紅茶風味の爽やかなアイスクリーム。

とーっても美味しいデセーなのです。でも、願わくば、日本に持ち帰り、ゆったりとお茶の時間にいただきたいですね。このボリューム満点のディネの後には、なかなか、きつかったです。美味しいので、がんばって、2/3はいただきましたが、完食は無理でした。

Dsc06304オレンジ゙風味のチュイルです。

このあと、まだ、続くんです!!!(笑)

2017年12月27日 (水)

今年最後

今年も残すところ僅かとなりました。今年も最高のお客様に恵まれた一年で、楽しくお仕事させていただくことができました。この場を借りて、シェフ共々、心よりお礼申し上げます。

そして、このブログも今年は今日が最後となります。今年もお付き合い有難うございました。(クリスマスの関係で、一日アップが遅れました。)

このブログをきっかけにお越しいただくお客様も多いのですが、ブログを続けてきて、よかったーと思えることがクリスマス期間にありました。大阪からご家族とお越しいただいたマダム。小学生と中学生のお子様が素晴らしいお行儀の良さで、お子様がご一緒という事さえ忘れてしまう位でした。お店を知っていただいたきっかけが、このブログ。以前、ドイツにお住まいで、フランスの地方にご旅行をされる際、調べておられたところ、私のブログにヒットしたということで、それから、見続けてくださり、「ずっと、お店に来たくて、やっと今回、クリスマスに家族で来ることができました!!」とおっしゃってくださいました。とても素敵なご家族で、お越しいただけたこと、本当に嬉しく思いました。

そんな風に私の拙いブログも楽しみにしてくださっている方がいてくださると思うと、これからもがんばろうと思います!どうぞ、皆様、今後ともよろしくお願い致します。

また、今年もクリスマスディナーも無事終わりました。毎年、皆様の反応がシェフ共々、とっても心配でドキドキしながらクリスマスディナー初日を迎えますが、皆様の笑顔や嬉しすぎるコメントが、今年も私達に元気をくださいました。本当に素敵な素敵なお客様に恵まれて幸せだと改めて感じさせていただけた楽しいクリスマスとなりました。本当に有難うございました。 そして、多数のお問合せいただきまして、有難うございました。残念ながら、特に、23日、24日は、お断りさせていただいたお客様も多く、申し訳ございませんでした。是非、また、来年よろしくお願い致します。内容はこんな感じでした!

Image Image_2 Image_3 Image_2Image_3  Image_6  Image_8

なお、年末年始の空席状況ですが、12月28日(木)夜と1月4日(木)昼、夜はお席に余裕ございます。その他日程もまだ、少し、ご用意できますので、是非、お問い合わせください。よろしくお願い致します。

Franceにて~Bras⑤~

Image_3

Cultivée par les Roualdès

L'aubergine étuvée à l'huile de togette d'ici orge perlé cuit au court bouillon de tanaisie, recuècha de brebis et les basilics du moment

3品目のお料理。

身体に優しいお料理。エチュヴェした茄子をグリエにし、ブイヨンに大麦、ブルビ(フロマージュ)が添えられ、バジル風味の一皿。日本ではなかなか、出会ったことのない不思議な味わいでした。

Image_4夕日が沈んでいき、とても美しい景色を見ながらのお食事は最高ですね。

それでは、皆様、良いお年を!!!来年もよろしくお願い致します。

2017年12月12日 (火)

忘年会&ジビエ

12月も半ば。早いですね。今月は、団体様や貸し切りの日も多くなっています。

Image昨夜は、毎年恒例H鮓さんのジビエとワインの会。今年のジビエは岐阜県産網採りサルセル(仔鴨)。Image_2そして、今回も錚々たるワインが並びました。古酒で貴重なワインばかりというのもあり、ソムリエはH鮓さんの大将がしてくださってます。ですので、この日に限り、2人体制のサーヴィスで。H鮓さんとは、オープンして間もない時期からのお付き合いで、私達も、毎回、勉強させていただき、嬉しい事だなと思っています。

クリスマスディナーの空席状況ですが、今の所、26日(火)のお席は余裕があります。その他の日程は、満席、もしくは、空席僅かとなります。変更やキャンセルなど出る場合もございますので、ご希望の方は、是非、お問い合わせしてください!当店のクリスマスディナーは、本当にお薦め、お値打ちなんですよ!!!

Franceにて~Bras③~

最初の前菜。Dsc06282Dsc06283

De l'Aveyron et du Ségalat

La longe de veau vosée relevée d'une vinaigrette au jus de viende, blé dur au lait caillé,cèbe de Lézignan et citron au sel

忘れられない一皿の一つです。飛び切り美味しい仔牛の腰肉のローストビーフと言う感じでしょうか。しっとりと火の入ったお肉は柔らかく、かみしめるほど味があります。フレッシュなフロマージュ味の麦の付け合わせもプチプチと楽しい食感。数種の自家ハーブがアクセントになり、スパイスの効いたドレッシングと塩レモンの酸味が絶妙で、ブルゴーニュの赤にぴったり。たまらぬ前菜でした。

しばらくたってからも、BRASで食べた前菜の仔牛、美味しかったよね・・・という話になるくらい、心に残っています。

2017年11月 7日 (火)

12周年

Image先日、お陰様で、12周年を迎えさせていただきました。これもひとえに皆様方のご支援、ご愛顧のお蔭と心よりお礼申し上げます。

オープン時、一番目標にしていたのは、お越しいただいたお客様が2度、3度、4度と、リピートしていだだけるお店でした。皆さんがリピーターになってくださったというわけにはいきませんが、数えきれないくらいお越しいただいているお客様も多く、お客様に支えられて今があると、強く感謝しております。シェフと私の二人三脚で続けている小さなお店ですので、行き届かないことも多々ありますが、初心を忘れずに、長く続けていきたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

クリスマスのご予約が徐々に入り始めてます!有難うございます!

クリスマス限定ディナー期間は、<12月21日(木)~26日(火)>となります。内容等は今月中にはご案内させていただく予定です。

ちなみに、12月22日(金)は、満席となっております。23日(土)も空席僅かとなります。その他の日程は、まだ、お席に余裕がございます。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

Franceにて~Laguiole~

Dsc061635年前に訪れたlaguioleに再び。この日は36度を超える暑さでした。駐車場に車を停めて戻ってきたら、車が暑くて暑くて、ドアを持ったら、火傷しそうなほど(大げさ!)でした。

Dsc06165街歩きも集中できないほどの暑さ。シェフもバテバテ。

Dsc06168Dsc06169この村はナイフで有名ですね。ナイフ屋さんがズラリ。

Dsc06166私達が好きなブランド「FORGE DE LAGUIOLE」。こちらのナイフが洗練されていて好きです。写真は、村にあるショップ。翌日、少し離れた工場にも行きました。

Dsc06173Dsc06176さあ、5年前に予約がとれなかった三つ星レストランにリベンジ!いよいよ向かいます!楽しみ―――!

 

より以前の記事一覧